花形装飾活字を愛でる その20


2260と2261。 これはもう神だと思います。 正方形の図案で、 ボリュームがあり力強い印象があります。 上半分だけ見てみると、 前回の2258と2259に近いのですが、 この装飾の特徴の部分として下部が止まっています。 上部の抽象的かつ流動的なイメージに対して、 下部は具体的な描写で上部と対比するような形で配置されています。 イメージの始まりはおそらく右下でしょう。 そこから左上に向かい、 右下の描写的な部分を避けるようにして渦を描くように中心に向かっています。 そして枝分かれした左下の流れは描写的な部分とぶつかって、 水飛沫を球体として描いています。 もしくは、 枝分かれしたのは、 大きな流れが右下の大きな塊とぶつかったからで、 それで枝分かれし、 その枝分かれした際に出た水飛沫の表現かもしれません。 右下の描写部分については、 いろいろな解釈が考えられると思います。 1つは最初に書いたように流れとは別の、 その流れを誘導、または追い込む押し込めるもの、 例えば塀のようなものか水車、噴水。 それが織り成す一連の流れ。そして終焉。 もう1つは、 それがきっかけで流れが始まっているという考え方。 右下の花のような表現は何か力強いものが溢れている表現で、 そこから流れが発生し、 最終的にはそれにぶつかって、 またその流れに引き込まれていくループ。 なんにせよ、 右下の花のような描写は、 それそのものが形なのか、 なにか動き、力みたいなのを表現したものかで装飾の意味が変わってきそうです。 けれど全体的に見てみると、 2つの大きな力がぶつかってバランスを保っているようにも見えます。 うーん、これにはまだ考察が必要のようです。 ただ、実際にパーツの1つとしてみたときに、 単品で見るとどうもドッシリとしたボリュームのある造形なのですが、 複数で絡めて見てみると、 実は力強い動きのある図案である事に気付かされます。 美しいというよりかは凄いカッコイイ図案だと思う。 男性的というか骨太な感じはします。 あ、 そうだ書くの忘れてた。 これってスゲー「組む」という事をキチンと考慮されてます。 前回もそうやったけどね。 左下と右上の小さい渦は、 他の装飾との連携を促す為のもんやと考えられます。 この大きめでゴッツイ感じの装飾で、 感じ的には使いにくそうですが、 たしかに場所を考えないと、 目だってしかたないですが、 これはこれで器用にいろんな装飾と連携したりします。 組む時のヒントとしては、 前回も含めてやけど、 単品毎を観察する事でいっぱいヒントが隠されています。 流れを作ったり堰き止めたり、 それは複数との連携でも同じ事がいえるのです。 是非、そんな感じで1つのストーリーを描くように組んでみるのも、 ありやと思います。



花形装飾活字を愛でる その19


2258と2259。 まずはじっくりと眺めて見ましょうか………………………………。 うーん逸脱ですね。 最高です。 多分1日中見てても飽きないすね。 洗練された造形はもちろんの事、 なによりもこの躍動感は、 これこそがシリーズ60なんだぜ!って主張してるようです。 ようこそって感じです。 いいなあ好きだなあ。 今までの基本形がいわゆる「組む」為のものであり、 これは「装飾」を前面に押し出しているのがわかります。 また、 その工夫も今までの基本形にはない凄いものがありました。 これもまた拡大したおかげで気付けたところであり、 スゲーな職人!彫った人!もしくはそれを企んだ人!ってなります。 まず、 一応書いておきますが、 線を彫る時にはその両側が発生します。 鉛筆の引くように1本ではなく、 2本の線によって1本の線を表現します。 というか鉛筆の線もまた2本の線で表現されてる訳ですが、 それは置いといて。 今までの基本形にも同じように円の部分等の工夫は見られましたが、 これは逸脱でした。 拡大した画像をよく見てみると、 線の上にある1つずつのオブジェクト(ひし形とかのやつ)が、 両側の線毎に微妙にズレているのがわかります。 けれど、標準の大きさにするとまったくわからんのですね。 多分これはこの装飾の躍動感を優先した結果だと思います。 独特なボリューム感というか、 「動いている」感じはシリーズ60の中では随一に感じます。 もちろん、造形による追求がそうしている訳ですが、 これがもし正しくズレていなかったらば、 なんとも物足りないものになっていた事でしょう。 トレースしていた時の感想としては、 比較的、全体として線が細かったように思います。 実は躍動感はこの線の太さからも追求されているのだと気付く事が出来ます。 おたまじゃくしの部分を見て欲しいんですが、 左下のやつがわかりやすくて、 カーブの部分が実に疾走感に溢れているように表現されています。 これは川に近い。 硬いかたまりというか固体というよりかは液体に近いもの、 まるで飴が溶けたり鉄が溶けたりしてビューンと伸びたものです。 自由に力いっぱいな感じを受けます。 逆に、 右側の多くのおたまじゃくしは流れが留まっているような印象です。 オブジェクトの配置も、 なにかこうおたがいがぶつかりあって抵抗しあっています。 けれどここが大きなポイントです。 図案としてイメージとして見てみると、 この流れの始まりは右下の部分にあるのがわかります。 そこから、 凄いパワーで一気に左側から渦をまくように中心に向かっています。 最後の先端を見てみると始まりから枝分かれした流れとぶつかりあって、 水飛沫でしょうか独立して球体を配しています。 これからはわかるのは、 この図案はループしているのです。 しかもそのループはとてつもない工夫と創作の中でおこなわれているのがわかります。 やっぱスゲー。凄すぎて鳥肌がたちます。 そのおかげで、 疾走感や躍動感に溢れながらも、 きっちりとしてまとまりがありボリュームがあるのです。 例は、 今回から、 今までに紹介した基本形を織り交ぜながらのものになっています。 かなり面白すぎました。 だってずっとこれがしたくてトレースしてたんだもの、 その我慢してたのがドバーっと出てしまった感じになっちゃって申し訳ない。 いやあ、いいなあ、こんなの見るとドーパミンがでちゃうよね。 あ、ちゃんと解説しなね。 ええと、 見ての通り今回の図案は2箇所に使っています。 対象的に配しています。 配するだけで紙面に一気に動きが出てきているし、 独特なボリューム感で、 見た目的にもなかなか見ごたえのあるものになっていると思います。 たしかに整理性の面では、 今までの基本形には劣るけれど、 お互いがないものを補うような組むという目的の完璧さを感じずにはいられません。 実際にこれ組んでる時も楽しすぎましたから。



花形装飾活字を愛でる その18


2257。 基本形ラスト!です。 別にイヤになってきたからじゃないかんね。 これは、 ピン型とポイント系の中間であり、 ライン系を対象的に配した感じになっています。 曲線的というよりかは直線なので、 囲んで使うには例にようにちょっとだけ役不足のように思う。 あ、今気付いて例ではやってないけれど、 もしかしたら文章の中でポイントで配すると生きてきそうですね。 なんというかこれよりも小さいオーナメント(装飾の事をそういうらしい)、 けどここでは装飾とを織り交ぜて使うと、2244と同じ使い方が出来そう。 2244が横配置で使うなら、 これは縦配置でなおかつ下向きでの方がカッコイイかな。 にしてもちょっとおおげざな装飾すよね。 というかきっと、もう少し少なめな装飾でってのがいいんでしょうねえ。 図案的には、 この役割を持つものとしては複雑豪華で、 もしかしたら、 例の内側の縦で罫を延ばしたように、 情報を閉じ込めるように狭く配すると使えそうな気がする。 形は2244と同様鋭角ではない棒状のもの、 普段常用するというよりかは、 特別な時に使う感じ。 なのでそうなんでしょう。 段階的には2244を使っておいて、 それの差別化としてこれを使うのも一興。 そして今回、 モチーフのことを書きます。 前回ちょろっと、 組む時にまるで庭を想像すると書きましたが、 組む時のヒントとして、 もしくは特にこのエンスヘデのものを使って組む場合には、 モチーフというものを考えると凄く楽しくなります。 それには文化や時代性がある訳ですが、 例えば「庭」ですね。 いわゆる宮廷的というやつです。 後は、橋であったり門であったり道でもよさそう、 建物でも…etc。 その装飾が考えられた背景や時代に合わるとウマクいきます。 あと、 今の時代性や文化を反映させてもいいかもしんないよね。 携帯電話とか車とかビルとかソフトクリームとか、 ビールとかカキ氷とか…etc 挙げれば限が無いように思います。 今回の例はちなみに門をイメージしましたがいかがでしょうか。 いろんな複数の装飾を使えばそれはもっと躊躇に表現できそうです。 その中に文字や文章が入る事を想像すると、 もう居てもたっていられんですよねえ。 今回で基本形はお終いです。 読んでくださってる方がもしいるならサンクスです。 次からは、 装飾色の強いものが多く出てくる事になると思いますが、 形を愛でるのももちろんの事、 ぼちぼち、紹介する装飾を中心に複数の装飾で組んでいきます。 お楽しみに。



花形装飾活字を愛でる その17


2255と2256。 2245と2246と同系。 相変わらずいいカタチしてる。 版を組み合わせる妙のバリエーションとしては正しいあり方だね、 と言わざるえないバリエーションをしちょります。 だってスゲーもん。 図案としては前のそれをほとんど一緒。 バランスのとり方も一緒で逸脱なのも変わらず。 これのおかげで、 前のやつだけで組んでいこうものなら、 なんかパターンが前面に押し出されてしまって、 単純でつまらないものになっちゃうんだけど、 これが加わる事でなんと自然な事か。 で、 もう気付いている方もおられると思うけれど、 何か植物(知っている人いたら教えてください)のツルを模している。 この装飾全体がそのようになっているので、 上手く組めば一本のツルが形成しているように見せる事が出来たり、 1つの庭のように表現できたり壁に絡まっている様を表現したりと、 版を組むと同時にどこか箱庭に似た、 または宮廷の大庭園を組むような作業になってて、 これってまさに、 オランダの宮廷文化とその時代にマッチしたデザインだよねと言っちゃいますよね。 大体がそのオブジェクトそのものが具体的な何かであって、 その組み合わせる事で抽象的な表現(なんか意味あるんやろうけど)になっていくのが、 ほとんどの花形装飾の有り様に対して、 このエンスヘデのものは、 額面というか組む事で初めて動き始めるんすよね。 ただでさえ細かい装飾なのでそれは風景に近いようにも感じます。 それはまるで実に遠景だと思う。 あ、次で基本系はおしまいです。 基本形紹介するの飽きたよー(本音)。 なのでそれも次で最後です。 次の次からは少し違う展開になってきます。 お楽しみに。



花形装飾活字を愛でる その16


2254。 形はピン型で、 四隅に置く斜めのやつを真っ直ぐにした感じでもある。 ピン型でもあり何か上部がヤジロベーのようなっており、 下部のがっしりとした印象に比べて凄く不安定だ。 こうとも言える、 下部の具体的なイメージに対して、 上部がその象徴的に演出している。 が、 実際に使用しているものを探ると、 このタイプのものは逆様にして、 上部の直線部、 あ、ちなみにこれもきちんと直線部と曲線部を作っています。 もうこれは書かなくていいね。 上部の直線部を基準にして組んでる場合が多いように思う。 例のように囲む場合には、 並べて外側に波を打つようにするといい感じになる。 罫で囲んだ肉系の図案がある時に、 その外側をサポートするような時には凄く役に立つ。 もう1つ、 これに限った事ではないけれど、 囲いの内側を直線に設計した場合には内側に配する図案はその逆にする事で、 規則正しく同じ方向に配する場合よりもその美しさも整理性も抜群に高まる。 ルールの複雑性は賛成は出来ないけれど、 装飾のランダム性には努力はした方がいいと思う。 図案的にはこのタイプのものはあまり好きじゃない。 このタイプは全体的にアカンらしい。 使い勝手が悪いし象徴的過ぎる。 主張すんのはいいが目的がしっかりしてるもんだから孤立感が強い。 それがいいところでもあるし、 ボクにとっては好きなじゃないところでもある。



花形装飾活字を愛でる その15


この文章書くのに図案達をずっと見つめたり弄ったりしていたら、 段々と女の人に見えてきた。イケナイイケナイ。 2253。 2238のポイントになる役割と同系のデッカイバージョンです。 ちょっとずつ図案が大きくなってきてるので、 半分だけの拡大図を付属しています。 ただ、これ、なんせ重い。 でかいだけに重い。 前にみたいに文字の上に乗せたりするとズッシリしすぎてなんか、 君ってカワイくて美人なんだけど重いんだよねえみたいな、 それくらい重いのです。 と言いつつという事は安定感が凄いあるって事なので、 縁の下の力持ちみたいなそういう存在でもありかもねむ。 文字の下に持つと凄い安心するし、 図案そのものを上下回転させて文字の上に配せば、 重いというか浮遊感が出て不思議な感じになる。 囲む時に使う場合には、 今までと逆に内に曲線で外の直線にした方が、 なんせ重いので逆にすれば軽くなるという発想で、 おかげで中の情報がすっきり見れる。 工夫するなら、 例の囲いの上の部分のように、 お互いに対象にバランスよく配して、 中に空白の線を作ってみるのもありかもしんない。 これもキチンと直線と曲線を使い分けて設計している賜物なのですよね。 線を引かずとも線が出来るので、 紙面への緊張感は少しは軽減されるように思う。 下側はせっかくデジタルなのだし、 まあ重ねてみるのもありじゃない?という安直な考えです。 図案的にキレイで凄い好きです。 よくまとめられてていいんじゃないですかねえ。 チト重い感じがするけれどほっとけないみたいな。 いや実際シンプルに仕上がってますよね。 これ以上の線を足せないし減らせもしない。 相変わらずそういうところをよく探った図案やと思います。 だからといって遊んでない訳じゃない。 隙がないというか、 その分、落とし概がありますよね。 あ、イケナイイケナイ。



花形装飾活字を愛でる その14


2252です。 2247と同じ斜め型の2つ目。 けれど前のやつと違うところは、 標準の形で見たときに右側と下側が直線のイメージを保っており、 上側と左側は比較的曲線のイメージになっている。 2247と比べると2247は全周が曲線のイメージで構成されているので、 単品で使うというのが見受けられるが、 これの場合は、 同じ図案であれば組み合わせて使う事が想定されているようなので、 斜めから四隅に配置だけでなく、 並べて使う事で肉としても配置出来ように思う。 感じ的にはアラベスク紋様に近い、 それを意識したものである事も考えられる。 回転させて直線部分を中心に配していくと合点がいくが、 まあ、そんなのしちゃうと綺麗になるだけなので、 オイラはあんまし好きじゃない。 あ、けど、 ルール付けさえ見つければ面白うそうではあるかも。 というよりかは、 せっかくの直線的なものを有効的に利用した方がカッコイイもの。 だからそれをやるんやったらアラベスクでいいじゃんみたいな。 例ではモリモリな感じになってやりすぎ感がありますが、 四隅に配するのも面白いですが、 囲む時に他のイメージのある組み合わせそうな図案とで構成すると、 もっと面白くなると思うが、 囲む場合は1つずつのイメージでは変てこで、 出来れば2つを対にして使った方が自然に組めると思う。 図案的には斜めの真ん中の対象的なとなる線の部分でよく見ると、 上の突起部分の線と中ほどから下に行くにつれて、 その線のあり方が変わっているのがわかる。 なおかつ下の終わりの方では線がわかれており、 ちなみに2247は一定の太さなんだけれど、 それよりもやんわりなイメージがある。 が全体で見てみるとやんわりじゃない一定のイメージが構成されているのがわかる。 というのはきっと、 左右のクルクルの部分がその版の大半を占めているので、 どうしてもイメージとしてはモッサリ感がある。 それを緩和するような目的がありそう。 例でこれだけ並べてるのにクドクナイ(モリモリだけどね…)のは、 上から中ほどまでが鋭角なイメージで、 そのまま細くなるとちょっと物足りなくなるので、 中ほどから下で柔らかい空間部分を作るとそれに刺さっている、 もしくは上と下で何か違うイメージが生まれているのだ。 ウマイ事この小さい版のなかで少し余裕のないスペースの図案という事で、 パーツを生かす工夫をしているのは凄い部分である。 実際に何個も組み合わさってるように見えるもんね。 今日は朝早起きしすぎて眠たくて、 クドイ文章ですいませんでした。 おやすみないzzz



花形装飾活字を愛でる その13


2250と2251。 お馴染みのお互い対象的な図案。 あ、今回が初めてすね、 離れて球体がオブジェクトとして付属してます。 どのタイプにも属さない不思議なやつです。 いろんな役割を平均的にこなす都合のいいやつです。 囲む事も出来るしポイント的に使っても邪魔じゃないし、 むしろいろんなパターンで使用できよります。 直線的であり、 曲線的な部分は限定的ではあるけれどキチンと備わっている。 印象としてはスマートで他の図案とは一線を置いた感じ。 実際に他の図案に比べて少しだけど線が細めやし、 使ってみると少し離して使うと効果的になる。 ただこいつの不思議なところは、 いろんな図案と織り交ぜて使った時に、 なんとも言えない不思議なランダム性を与えてくれるのだ。 一人だけ向きを違うように配し、 線の部分が後ろに延びるように、 装飾のところを他の図案とぶつけるようにすれば、 それまで繋がっていなかった文章と図案が急に関連を持つようになる。 なんともはや、 労働組合を説得する為に器用な聞き上手になっちゃったような、 そういうやつなのです。 あ、今回は少し工夫しました。 囲んでる部分を見て欲しいんすけど、 同じ対象的に配するという意味を少し変えました。 こういうのもありっしょ。 というかルールを重んじておいて少しルールを変えて楽しむジャズのようなオジンみたいやけど、 まとまればいいんすよまとまれば。



花形装飾活字を愛でる その12


2248と2249。 2239と同系の肉です。 お互いに対象的の図案で、 2239と違って汎用性に優れていて、 複数での連携する場合の相性は高いと思う。 この違いって多分というか予想ですが、 制作する際の資金的な差別をする為のものか、 クオリティの差を付ける為のものやったのとちゃうかなあと思います。 規模的なものというか、 単純な感じに対応したり荘厳な感じに対応したり、 そういう利便性の部分で図ったもんやと考えられます。 これは単に伝統的なものや美を意識しただけじゃなくって、 前も書きましたが、 いろんなロケーションに対応する姿勢が見られます。 これは凄く現在にも通じるところがあるように思う。 これの面白いところは、 円なんですが、 実は拡大してよく見ると微妙に斜めになっている。 歪んだ円やったんですね。 最初なんか違和感があったので、 資料を何回も見直してスキャンし直したり、 いろいろやったんですけど、 やっぱり歪んでいました。 けど普通のサイズで見ると歪んでないんですよねこれが。 おーこれは凄いなと思った。 多分、付属してる装飾とのバランスを図る為に歪ましたような気がする。 これを真円にしたらきっと太くて不細工なもんになってた事でしょう。 それと組んで並べた時に、 これのおかげで例の画像のように罫無しでも直線のイメージが作れて、 おかげで整理性に優れてたりします。 もし真円だったら、 なんだか窮屈なイメージになっていたように思うし、 他のと組んだ時にも例にはないけど上手く組み合わさってくれます。 ほんの少しの工夫だけどキチンとスタイリッシュになってますよね。 面白いなあ。そこまで考えてるもんねえ。 ちょっとここらへんから、 組むという事についてそろそろ書いていきます。 組むのは単に美しく並べるのではなくて、 文章が読みやすくなったり整理されたりが一番の基礎の部分なんですが、 もちろん、そんなの気にせずに並べるのも1つの面白さなんですが、 せっかくなのでそういう事を書きます。 例えば今回の例ではある一定のルールの下で外の囲いを作っています。 囲いの肉は美しくあるようにする目的で作られているのですが、 失敗をすると中の文章の邪魔になって逆効果になってしまう。 出来れば目に邪魔にならないように美しく組まなければならない。 その基本的な方法として、 今回のように円をイメージした図案の場合は、 時計回りを意識すると違和感なく配する事が出来ます。 くるりと回りを一周するようなイメージを与えると、 安心かが生まれて文章に集中できる。 逆に注釈して欲しい時には、 上の文字の周りに太くたくさん配してますが、 単に同じ向きに並べるのではなくて、 その中で渦を撒くように配してやると、 それだけで上の空間と下の空間の意味が変わってくる。 1つの装飾と1つのルールでこれだけの事が出来るのだから、 いろんな工夫をすればもっとイメージは無限に膨らみます。 是非、そこも楽しんで欲しい。



花形装飾活字を愛でる その11


2247。 別に手を抜いた訳じゃないよ。 いいじゃんそういう日もあってさみたいな、 いきなりでもいいじゃんみたいな、 そういう事でもないよ。 単にこいつ単体での使い道がない。 複数でも使い道は一個だけやと思う。 頑張って真ん中の文字で斜めなのを無理矢理真っ直ぐしているけれど、 そういう事もあってもいいんだけど、 そういう事でもしないと本当に何も無い。 けれど、 もし複数で組んだ場合に、 こいつが居るのと居ないのとでは雲泥の差的なイメージに変化がある。 やっぱり居た方が良かったねって後で言われるような存在。 居たら居たらで役目は1つ。 なんでこういう装飾作ったかってのはいろいろ考えられて、 一番近いかなと思うのは、 過去に囲んできた装飾の中で四隅の空間が繋がらないやつがあったと思う。 そいつらの四隅が繋がらない関連性みたいなものが、 これで補われているという考え方。 単に罫で埋めちゃうんじゃなくて、 繋がっていないのに関連性を持たせる事の出来るやつ。 もしセットで装飾群を作る場合に、 知識がある人なら絶対になんでか入れてしまうであろうセットされる1つ。 なんかそういう感じ。 いや、あったらあったでいいと思うんだけどね。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/