花形装飾活字を愛でる その30


2275です。 ピン型。 でっかいねー。 どうしたもんかな。 これは今までになく角ばってます。 おたまじゃくしのとこ見て貰うと尖がってるのがわかります。 なんかもう独り立ちしちゃってますもんね。 連携する気ないもんね的な意欲を凄く感じます。 なーんか気取ってますよね、大きさもそうですけど。 別にね例のやつはサボった訳じゃないですよう。 そりゃもう少しくらいは楽だなあって思ったけれど…。 なんというかこれって、 いわゆるヴィネットですよね。 小型のカワイイ(可愛くないけど)装飾的な使い方がいいなあと思ったんですよね。 前回のやつを含めて、 後に続く2種類がなんかそんな感じで揃えた要素を、 プンプンと匂わしてるんです。 他とは一線を置いて、 なんか独立心の高い、 センターというか中心にしないと困っちゃうような、 なので役割としては、 前回に書いたのと同じような感じでなのです。 今回はとくに何も書く事がない。 あ、今気付いたけれど、 逆様にして使えばいいかも!と思ったけど、 基本形の小さいバージョンの方がいいですね…。 なのでこの4種(後の2種含めて)は、 あえて何も書く事がない。 というか、 どうでしょうかニュアンスは伝わりましたでしょうかね。 単に何もかもを組み合わせるのも、 面白いと思うんですが、 そうしていく内に使わないやつとか、 使ってしまったものの浮いて使いづらいとか、 あると思うんですよね。 組み合わせのパターン的なものもありそうですし、 そういうのが分かってくると、 次にそれぞれの役割が見えてくるんです、なんとなく。 あ、これはこれと組み合わしたらいいとか、 こういう場面に使おうとか、 自分だけの黄金比率が出来上がってくるんですよね。 きっと、 きちんと伝統的マニュアルはあるんでしょうけど、 そういうの抜きで、 同じ装飾を使っていても、 人が違うと変わってくるんですよね。 まさか、そこまで目論んで設計したとは思わないのですが、 それがまたこの花形装飾活字の不思議であり魅力やと感じます。 もしかしたら、 ボク個人としては、 今回のこの装飾は使いづらいなあと思ってるんですが、 中にはめちゃんこ重宝しててスゲー上手いことしてるかもしれない。 それを知りたいんですよね。 なので、 そういう情報をもっと交換したいので、 出来ればもっとたくさん問い合わせてくれないかなあ…。 あ、愚痴でした。



花形装飾活字を愛でる その29


2274。 前のやつと完成度の違いがわかりすぎですね(←まだ言ってる)。 ここまで方向性がはっきりしといてくれると、 ここまでちゃうのです。 なんとも単純明快に格好良くスタイリッシュ。 個人的にはピン型に近いと思うんすけどどうでしょう。 周りの装飾には蝋燭でも飾ってそうで、 炎のような印象を受けます。 自然な流れというよりも、 意図的なものを凄く感じます。 こういう形式のものに形を創意したのでしょう。 力強さは一切感じず、 それでいてスマート。 今までの装飾をメインを置いていたものにしては、 一線を置いているようです。 以前に出てきた調整弁のような役割にも感じますが、 その割には他の図案との連携性が弱いような気がする。 どちらかというと終わっているんですよね。 例を見て貰うとわかるんですが、 配すれば強制的に中心が決まるくらいに強固なんです。 ルールを重んじてる。 とりあえず、 形式的にしたければこれを使うと自由がなくなるんすよね。 うーんうーんわかりますかね。 とどのつまりが、 中心を作れてルールが作れるって事は、 1つの紙面に、記事ブロックを数個作ったとして、 それらを1つの装飾で飾りたい時に、 なおかつ、それが共に中心的な内容で、 甲乙付けがたい時には物凄く重宝出来ます。 始まりであり終わりである。 やっぱ炎なんですよね。 目印、灯火。 単にピン型というよりも火の方がその意味合いが大きい。 オイラの見解ではありますが。



花形装飾活字を愛でる その28


2273。 これは非常に重い。 タイプ的には2268に対して重圧感を与えた感じになっている。 鉾に近い印象。 がっしりというよりかは、 どっぷりという表現が近いように思う。 そして何よりも動きがない。 これそのものが鮮明に強いイメージを誇っているせいで、 他の図案との流動性を保つことが出来にくい。 それをサポートするかのように、 上部が線で終わっているのは納得が出来るように思う。 つまり、 これはその紙面の重力の方向を位置づける役割がある訳だ。 といっても、 だいたいからして上から下へというのが定石なので、 逆に下から上へというのを試してみたけれど、 これといって効果的な感じは得られなかった。 上と下で対して配しても、 情報を圧迫するだけで役割的には失敗だと思う。 もしかしたらこれは、 サイズの問題かもしれないね。 紙面のサイズが大きければ、 おのずと版のイメージも小さくなる。 という事は配する上でこれは重しとして非常に役に立ちそうである。 例で挙げてるような紙面サイズでは、 片方に配するだけで限界、というよりも、 既に役目を果たしているのだと言えると思う。 イメージが風に飛ばされないようにするという文鎮君。 そういう感じである。 この版、トレースの際にもホトホト困ったのですよね。 細かく見たらわかるんすけど、 装飾が潰れているとこがあるので、 これを正しくした時にどうも違うかったのです。 かといってそのままにすると何かわからない。 その中間を探ればいいじゃんな話なんですが、 なんか未完成ぽくなるんですよね。 で、 巡りに巡って今の状態になってます。 なんとも不可思議な版でした。 元々のやつも微妙に崩れていたので、 なんとも言えんのですが、 上の部分とか、下の部分とかも不自然に歪んでるし、 装飾が印面の問題なのかインクの問題なのか意図的なのかわからん、 埋まり方をしてるのですよ。 で、 結果論としては標準で見た時に、 ボクが持つこの版に対してのイメージになるようにしました。 だからオリジナルとは少し違うのかもしれない。 アップしてあんま見て欲しくない版であり、 きちんと勉強してもう一回やり直したい版の代表格です。 どうも言い訳でした。



花形装飾活字を愛でる その27


2271と2272。 とてつもなくいい形をしています。 まず見た目にカッコイイ。 もうここらへんからはそういうのんばっかですけどね。 ここまで流動的な図案がありえるのかと思わずにはいられない、 それくらい凄い動きのある図案です。 その動きは外へのものではなく、 キチンと内部で処理されており、 その存在感を眩しくまでも示してくれている。 内在しているパワーのおかげで、 非常に他との版と連携が容易な上に、 今までにない向きでのアプローチが可能な設計になっているので、 よく似た形がある中で(オイラは全然違うと思うんだけど)、 差別化が行われていて、 組み合わせるパターンの多様性を、 ここでも垣間見ることが出来る。 右下からイメージが始まり、 左上に向かって進んでいき、 下に向かって渦を巻いている。 と、 ここまでは他の図案とはなんら変わらない部分。 大きく違うのは、 イメージとして渦よりも、 その最下部のおたまじゃくしに集中している事がわかる。 そこから波状するように渦が出来ている。 しかも、 不可解な右側の渦。 多分、 図案としてはこれが無くっても左側に渦1つだけで成り立っているはず。 それをわざわざ、 おたまじゃくしのイメージを大きくし右側にもう一つ渦。 これは何を意味しているんだろう。 ループ。 うーん、最初そう思った。 有り得そうだけど、 そうかなこの形ではそのストーリーは難しいような気がする。 図案全体を見てみると、 実に流動的な印象だけど、 よく見ると飽和状態というか、 右下から左上に行くまでに、 飛び上がるのかと思うくらいの力で進んでいるのに、 その終わりが、 大きなおたまじゃくし1つ委ねられていて、 その余力で渦が発生しているようにも見える。 だとすれば、 むしろ正しくないのは、 左側の渦という事になる。 右側の渦の方が自然に発生している感がある。 最初の抑え切れない程のパワーを我慢出来ずに、 噴出しているようなそういう感じを受けるのだ。 バランスの妙。 この図案を一言で形容するならこれでしょう。 この小さい空間でどこまで描くのやら、 単体で使っても、 組み合わせて使っても、 その内在するパワーを表現する事が出来る。スゲーなおい。



花形装飾活字を愛でる その26

実は今回は版の解説ではありません。 さぼった訳ではないんですよね。 例を作ったら、 画像の容量が思いのほか大きくなってアップ出来ないくらいになってしまって、 いい感じのが出来たのにアカンようになって作り直す元気もなくって、 今に至ってるんですよねえ。 なので解説はお休みして、 制作の苦労話とか、 このデータがいかに凄いもんなのかを書こうという魂胆なのです。 本当にこのデータ欲しいと思うような人はいないのか心配の最中、 文章が一通もこないので興味を持って貰うための、 いわゆる営業という訳です。 そもそもなんで花形装飾活字のトレースだったのか。 オイラの畑はグラフィックデザインなんですが、 それは印刷への興味でもありました。 最初にマックに手を出したのは、 コンピュータグラフィックというものの可能性を感じてのものでした。 いろんな事をやった結果、 その限界と可能性の無さに愕然とする事になります。 そのヒストリーはいつか書くとして、 とくにアウトプットの時点で、 当時はインクジェットに夢中でしたが、 その色再現の限界や画の表現性は、 かならずしも満足のいくものではありませんでした。 この失敗は今回のトレースに大きく反映します。 それまでは、 コンピュータの画面での完成が最終のイメージだったのです。 素材を取り込みアレンジして完成させていく。 その作業は面白いものでしたし、 勝手自由に色々出来るのは夢中になるのに充分な要素でした。 ある時にひょんな事から仕事が舞い込むようになります。 イベントのフライヤーから商店のチラシまで幅広く頼まれるようになります。 同時にその頃はWEBデザインにも手を出していました。 当時は素材をパクるのはなんのそので、 それでもウン万円のお金をゲット出来ました。 時代的にまだまだコンピュータでデザイン出来る事がめずらしい事だったのです。 次第にオリジナリティよりも再現への興味が移っていきます。 有名なポスターを真似る事でその満足を得ていました。 そこで1つの事に気付きます。 どんなけコンピュータ上で再現しても、 アウトプットの時点で技術が違う事から、 まったくあてが外れていたのです。 ますます再現する事へ興味は強くなります。 紙やインク、網点のスクリーン線数、色の重ね合わせ、特色…等々、 それは同時にオリジナリティとは何かを問う旅路でもあったような気がします。 その時には既にどこもかしこも、 コンピュータ4色印刷のフルカラーのオフセットでしたし、 紙も一定のもので写真も解像度に依存するものでした。 ある程度の自由が効く印刷をするには、 業界に入るか、 少し割高でも(特色が高すぎやねん)やってくれるとこ探すか…、 くらいしか道はありませんでしたが、 オイラはそれらの道を選ばず独自の在り方を探る事にしました。 5年前の事です。 あ、長くなってしまった。 続きはまた気が向けば。 文章待ってます!!



花形装飾活字を愛でる その25


2269と2270。 これ好きです。これはヨダレモノだと思います。 とりあえず眺めてみます……………ふー。 いいなあ、いいよね、ほんと最高ですよね。 もう解説せんでいいかななんて思ってしまうくらいに、 とりあえず見ろよって言いたくなります。 という事で見てみましょう。 これは初めてのパターンの図案です。 今まで流れてきな一種のイメージが先行していましたが、 これは植物の印象を強く感じます。 多分、左側の花弁のような図案がポイントなのと、 右側からの流れを順番に見て欲しいんですが、 それはまるで植物の茎やツルや葉の配置を模しているようです。 それが、この図案では前面に押し出されているんですね。 なので、 使い方としては、 今まで紹介してきたやつと組み合わして使うよりかは、 今後出てくるこのパターンと同じ種類と組み合わせた方が有効で、 もちろん、自由に組み合わして楽しむのが一番なんですが、 違うイメージを1つの紙面に2つ表現したい場合には活用出来ると思います。 それはともかく、 これは眺めて愛でるのが一番です。 ほんといい。愛おしい。 例は、基本に帰ってみました。 ていうか、やっとこれが出てきたというのがあるんすけどね。 三位一体なんすよね。 これでやっと出揃った感じです。 ただ、組んでいて気付いたんですが配布中のデータで悪いのですが、 もしかしたら、 こうやって基本形で組む場合には元の大きさよりも、 70パーセントくらいにした方がいいかもしれません。 というものの趣向の問題ですし、 せっかくデータ化されているので好みで楽しんじゃえばいいんですが…。



花形装飾活字を愛でる その24


2268。 2254の装飾強めバージョンです。 これってスゲー不思議な図案です。 配する向きや組み合わせる図案によってイメージが変わるのはもちろんなのですが、 向きが同じ組み合わせる図案が同じでも、 そのシチュエーションによってそのイメージが変わるのです。 順応性に優れているといえばそれまでなのですが、 どうやらそれだけではないようです。 その原因はこの図案の装飾にありそうです。 まず1つは対象的である事。 もちろん今までにも対照的な図案はありましたが、 これほどまでの順応性はなかったように思います。 重要なのは、 これが整理性よりも装飾性を優先した図案を紹介するにあたって、 初めての対象的な図案という事です。 2254と同じでありながらその要素の違いは大きなものがあります。 今まで装飾性を優先した図案は1対で2つでした。 けれど、 これは1つです。 そしてコンセプトは同じ。 2つに割ってそのまま拡大して使えば通用しそうです。 つまり、この図案には2つの流れがあるという事なのです。 1つの図案の中に2つの流れ、 今までの対象的な図案はそうではなく、 何か1つの象徴的なイメージを描いていたように思います。 例ではそれを使いきれてない面があるのですが、 その1つの要素として、 流動的かそうでないかという違いをもたらす事が出来ます。 これはイメージの問題なのですが、 その操作弁というかただ流れているイメージに、 的確なビジョンを与えているように思います。 もっと書くと、 その発端にもなりうるんです。 例の場合は、上部に配する事で、 その流れの発端、 下の方ではその膨大なイメージを上手く収拾しコントロールしているのがわかります。 いわゆる順応性の部分、 操作弁の部分が見てとれます。 使いやすくそして懐の深い図案なのです。



花形装飾活字を愛でる その23


2266と2267。 実にシンプルです。 今までの装飾に重きに置いていたシリーズから一転、 なんともスムーズな図案です。 一言で言うと、 ちょっとしたとこに使うといい感じやと思います。 あんまり中心に置くというよりかは、 端っこの花を添えるようなノリなのかもしんないです。 段階的な考え方で、 これを一番強い装飾として扱ったとしても、 その役割は変わらない感じです。 他の連結との可能性も、 あんまし感じられず、 どちらかというと前回と同じで終息的な意味合いが強いです。 が、 この場合というのは終息に向かわせる、させるというよりかは、 自然と終息に向かってきたものに終わりを自然に告げるという印象です。 余力でなんとかしようというものである。 それでも基本的な装飾は抑えられているし、 使いかってもよく個人的には好きな図案の1つです。 あ、ちなみに例の黒い部分は、 なんか挿絵が入ったらいいなあと思ったのでした。



花形装飾活字を愛でる その22


2264と2265。 どれかというと2262と2263に近いです。 こいつらを一緒に近づけて使うとなると、 なかなかウザいくらいのボリューム感です。 形だけを見てみると2262と2263に似ているんだけれど、 なんだかどうも違う。 とくに一方の流れがある訳でもないし、 力強さでいうと何か間の抜けた印象。 これって多分中にある噴水のような表現に原因がありそう。 イメージとしては、 右下から左の方へぐるりと上へ、 ここで普通なら今までなら渦を巻いてました。 が、中でなんか噴出してるような図案。 そのおかげで、 そのまま力が継続するように右側へ、 処理されない力が流れていって、 外へのイメージも力強いというよりも、 中で終わってしまう程度になってます。 他の図案へバトンタッチにもなっていない。 けれど、 引き込む形にはなっている。 わずかながら、左上の部分で連結は出来そうな気もするなあ。 これやと多分、 どんな強いイメージで流れで連結したとしても、 強制的に終了出来そうなそういう印象。 とくに凄いのは、 それが無理なく終わらせる事が出来そうなんですよね。 おそらく真ん中の噴出している噴水なイメージによるもんなんすよね。 で、右に流れる脱力感のある渦とおたまじゃくし。 で、得られるのは絶対的な安定感。 図案をループするようなイメージではないし、 きちんとボリュームもあるし、 大作を組む場合にはこれは重宝すると思います。 もうこれは装飾の為のパーツですよね。 文章を整理する気はなさそうな…。 と言いたいとこですが、 実は直線と曲線にわかれているので、 そこは抑えられてます。



花形装飾活字を愛でる その21


2262と2263。 大きい一方向の流れの中に小さな流れが混じっていて、 それらがバランスを崩す事もなくウマく配されています。 版の中で完結させているというよりかは、 次の版にバトンタッチする為に、 後は任せた的な勝手なやつです。 が、 これがまたいい具合なバトンタッチなので、 次から次へとこちらの創造力を沸き立たせてくれるのです。 図案的には、 右上から流れが始まり左下の方へドバっと満タンのバケツをグワっと(擬音語多し)した感じです。 2258と2259のやつをひっくり返しただけじゃんてなもんなのですが、 こっちはスゲー激しい。 すんなりは流れてない感じはするよね。 もしくは、2258と2259は近い位置から見ているものなのだとすれば、 これはちょっと遠くからその様を見ているような印象です。 今回の例は、 別に対象的な事にこだわらなくていいんじゃないの的な感じで組みました。 前回のストーリーを組み立てるやりかたで、 なおかつ左の密度を濃くする事で左の情報部分をぶれないように整理してます。 ちょっとやりすぎ感はありますが、 装飾だけで空白を埋めてしまうのも1つの手やと思います。 いいよね、 この自由な感じ。なのになんか整理されてんだよね。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/