花形装飾活字を愛でる その80


花形装飾活字と友禅の雛形図案の在り方には大きな隔たりと、 その利用と文化の違いからお互いが淘汰される事無く残り続けたのだと思います。 日本における花形装飾活字の利用は非常に限定的でした。 抜粋すべきは表彰状に見られるあの装飾。 結局はあれが、 日本における花形装飾活字の捉え方だったのでしょう。 つまり、 友禅の雛形図案との大きな隔たりの部分でもあったのです。 何が隔たりだったのでしょう。 大きな違いとは何なのでしょう。 答えは複数に別れます。 多くの要因が重なる事で、 その技法の類似性もまた違うものとして扱われる事になったのです。 日本は瓦版でした。 活字では無かったのです。 やがて瓦版は「描き文字」として変化をします。 それは活字が主流になったが故の犠牲でもあり、 生き残る為の変化でもあったのです。 それでも消える事はありませんでした。 現在の日本と海外とのタイポグラフィの違いにも実は根付いていますが、 これについてはテーマが変わるので置いといて、 瓦版は友禅の雛形図案とは違い、 少しのその利用と文化において活字寄りであったと言えます。 が、 その影で性質は友禅の雛形図案寄りであり、 それが今日までに残る結果になったのだと思います。 日本には「見栄え」という言葉があります。 伝統工芸等の書籍で良く出てくる言葉です。 これこそが、 その隔たりの部分を語るのに重要なキーとなります。 明らかに日本における花形装飾活字(表彰状等)の扱いは「見栄え」を重視し、 その整理性については瓦版の域を出ないものになっています。 それは活字を使用していてもという事です。 参考にして欲しいのは昔の新聞。 図書館等で見れる場合が多いので是非見て欲しいのですが、 それを見てもわかるように、 「活字」と「描き文字(瓦版)」の関係性が非常に如実に現れています。 「活字」における基本概念は大きく捉えて生産性と整理性ですが、 「描き文字」における基本概念はその「見栄え」であると言えるのです。 友禅の雛形図案もまた「見栄え」であると言える訳です。 ここに花形装飾活字との違いはあります。 「見栄え」を「イメージ」という言葉にすると分かりやすいかもしれません。 もちろん、 花形装飾活字においては単に文字としての活字と比べて、 そのイメージは圧倒的なものがありますが、 その目的における基本概念はあくまで生産性と整理性に重きを置いています。 友禅の雛形図案は図案を配する事でそのイメージを構築します。 つまり「見栄え」を良くします。 逆に、 花形装飾活字をどんなに配したとしても「イメージ」が構築される事はありません。 むしろ無造作感の塊になるだけです。 しばしば日本人の趣向として「見栄え」が重視され、 その装飾性が絶賛される場合がありますが、 とくに「イメージ」が構築されている訳ではない上に、 その扱いは花形装飾活字としての使命を欠く事にもなります。 やはり、 その美しさが発揮されるべきは、 その生産性と整理性が合理的に発生した時なのでしょう。 あくまでオブジェクトが主役であり、 それを踏まえると、 友禅の雛形図案はオブジェクトそのものの構築の生産性を、 美意識を損なう事なく最大限に高めたものであると言えるのだと思います。 花形装飾活字の場合は、 イメージの強みはオブジェクトの破壊にも繋がりかねません。 が、 その美意識もまた最大源に高められたものであると考えられるのです。 どんなもんで。 もう少し続きます。



花形装飾活字を愛でる その79

日本の友禅の雛形の図案のアイデアは考えたら花形装飾活字ではないかという話。 実は最初、これをインスパイアする形で、 パーツ四季に分けて組み合わせる事でその季節が表現出来るもの、 (例えば月とススキを組み合わせる等)を考えていたのですが、 ここのところ時間が空くタイミングでそれをずっと探ってみたのですが、 どうも違うみたいなのです。 厳密に言うと面白いものになっていたんでしょうが、 花形装飾活字のエッセンスとしては失敗な気がするのです。 考えれば花形装飾活字の在り方に似ているのですが、 そのニュアンスに違いがあるような気がします。 ただウマイ事良い部分だけを汲み取ることで形になってくれそうでしたが、 「版」として構築する事を考えた場合に単なる素材集になってしまうのではないか、 単に絵柄を組み合わせるという事と整理性の高まりの中で、 四季というイメージは果たして正しいのか、 とまあ、 使うべきシーンを選ぶものにはしたくないというのが当初の目的でしたし、 それに照らし合わせるとどうやら欠点が浮き彫りになるような感じなのでした。 イメージを構築するのではなく装飾を構築するといえば分かりやすいでしょうか。 その構築がイメージの場合に例えば四季である場合は、 「限定」されてしまうという点において失敗なのです。 それは花形装飾活字としての機能を無視するものになるのだと思います。 オブジェクトとしての美しさはもちろんの事、 組んだ時の整理性となによりも「形式」としての美を、 どれだけ限定せずに構築するかが今回の新しい花形装飾活字制作の肝だと感じます。 それを最大源に高めたのが今回の配布しているエンスヘデの装飾活字という訳です。 にしてもスゲーもん作ったよなと、 もう既に完成の域でこれ以上ものはないのか、 ましてやそれを学んだとして、 同じクオリティを維持しつつ使えるものが作りえるのか、 友禅の雛形図案のエッセンスを汲み取るのは惜しい線な気がします。



花形装飾活字を愛でる その78

本題です。 やっと此処で花形装飾活字登場です。 デザインするという事ととシーンであるという事。 この2つを花形装飾活字に委ねた場合の可能性とはなんなのでしょう。 考え方としては、 花形装飾活字をもう一度初めから考える方法。 花形装飾活字という考え方を継承するという方法。 花形装飾活字から時代性を考慮し発想する方法。 花形装飾活字という研究材料としての在り方。 花形装飾活字というモチーフという考え方。 花形装飾活字が…。 際限なく在りそうな感じですが、 全てにおいて共通したものがあります。 花形装飾活字であるという事です。 当然といえば当然ですが、 冗談でもなく真面目に書いてます。 創造とは常に再現にありました。 花形装飾活字でさえその例外ではありません。 原点があって人の理解がある。 以前にグラフィックデザインとは搾取であると書きました。 それに加えてデザインとは汲み取るという事。 デザインは再現でさえない。 限定的なチョイスから生み出される美の共有。 これがデザインの正体だ。 だからこそシーンが必要なのだ。 何故なら共有だから。 現在のグラフィックデザインの不安定な感じは其処にある。 のは、話が変わるからいいか。 何故なら共有だからです。 可能性でもあるのですね。 つまりデザインとは可能性にこそある訳です。 デザインをするという事は可能性を模索するという事。 そして花形装飾活字に戻ります。 デザインするという事ととシーンであるという事。 この2つを花形装飾活字に委ねた場合の可能性とはなんなのでしょう。 ずばり「花形装飾活字」を的にする訳です。 あ、「花形装飾活字」が的になってもそろそろいい頃だよねって話。 こんなに素晴らしいものをこのまま古びかせて捨て置く事はなかろうて。 ただ花形装飾活字として扱ってしまうと失敗で、 それに、 花形装飾活字そのものを作る行為はデザインとは言えないのですよね。 デザインが可能であってもシーンとは言えない。 じゃあ、どうなのよ!? は続きは蓋を開けてからにしておきます。



花形装飾活字を愛でる その77

単に花形装飾なら活字である必要がない訳で。 ある一定量の同一の物質を作成する前提で計画されたもの。 情報、インク、紙、目的、要素……そして印刷という概念。 技術としての活字という仕組み。 そう活字だった。 写本なんて手間のかかる作業なんてやってらんないし、 美しさと伝達性で圧倒的な正確性を得た。 で、現在の単純化された印刷システム。 もうこれは繰り返しですね。 ここ1ヶ月は同じ事しか書いてない気がする。 伝えたい事の全てはここに凝縮していてシーンな訳です。 花形装飾活字という出来事はいったいなんだったのか。 一言で言うと創意工夫の賜物なのでしょう。 細かいのは抜きで、 花形装飾活字の時点で活字による印刷は極まったのだと思います。 既に新しい技術と平行にあったであろう状況の中で、 ある程度「新しい技術」よりも確定的な技術として、 多くの印刷を実現していた事でしょう。 現在の日本でさえ、 小さい印刷屋さんは主流の印刷術として、 木版を活用した活版を利用しています。 「印刷」はたまた「いんさつ」とでも書きましょうか。 そして、 これらにはグラフィックデザイナーは関与していないという事です。 グラフィックデザイナーが関与しなくとも印刷は可能なのです。 印刷にとっての大きな失敗はグラフィックデザイナーの登場であったと考えています。 グラフィックデザインの台頭で印刷は衰退しました。 グラフックデザインと印刷。 あたかもグラフィックデザインが印刷のようなイメージです。 出来上がったものを刷るというのは、 なんて贅沢な事なのでしょう。 だって、 出来上がってもいないのに、 出来上がっているというイメージ。 完成という着地点が印刷じゃないところにあって、 前回の話でも、 次の天王寺という構想があっての街という考え方。 たまたま其処にあった天王寺という在り方。 これは趣向の問題なのかもしんないが、 それをデザインするという事。 シーンであるという事。 次こそやっと花形装飾活字が出てきます。



花形装飾活字を愛でる その76

なんだろうこの現状。 そして天王寺は終わった。 あの阿倍野の奇跡は根こそぎ無くなった。 「代わりのもの」は出来上がりつつあったけれど、 あの奇跡はもう無い。 同じ料理店でも味は変わってしまったし('あの名店のあの変わりようは…)、 あの路地へ入り込んでいく怪しさも、 資金の無い人は確実に止めざるえない状況になった。 これで地震で崩れる心配は無くなったし、 すっかりマンションが建って綺麗になるのは時間の問題のようです。 昔を知っている人は愕然とすると思う。 だって本当に何も無くなってしまった。 そこまでやっちゃうかと思った。 残った場所もいずれは一掃されちゃんだろうね。 もうね、 これもね、 話は違っていないのです。 なにやってんだか。 こんなにも同じ場所に人が密集しているのに、 わざわざ人に会いに行かなくてはいけない。 だいたい近所付き合いなんてパターンが決まっていて…、 ってこれは違うか。 たかが知れている。 どうせ優秀なやつらの行き場所なんて一定だし、 そういう仕組みの中でやっている。 気付いた頃には中年で、 もしくは歳が行き過ぎてて抜け出せないか、 すっかり居場所になってしまっているか。 若い頃に気付いたとしても、 潰されるか諦めるかのどっちかだ。 と、 これは極端な話。 そして全てはグラフィックデザインに照らしあわした内容です。 別に社会だとか思想の話でもないです。 単にここで新しい花形装飾活字を作ったからといって限定的であるのは明白なのです。 なによりも難しい事はシーンとして機能するかどうかという事にあると思います。 まあ、ほんのささやかな収入もあればなあ。 所詮、 突然作ったとしても、 その活動を続けなければ終わるのが関の山。 続けなくても続く活動にしなくてはならない。 つまり「花形装飾活字」的であると思います。 目的の無い存在がある目的の助長になるようなもの。 そしてそれがシーンであれば、 なおよろしい訳です。 あ、グラフィックデザインですよ。あくまで。 まだ続きそうです。



花形装飾活字を愛でる その75

はてさて。 なんか否定論ばかりになってしまいました。 そういうのんばっかり書いてても仕方ないですね。 1つの方向としては、 ミニマムに進むのが手っ取り早いと思います。 中島英樹もなんかのインタビューで書いてますが、 経済を後押しされたグラフィックデザインを良しとする、 もしくは、評価される事にある一定の温度差を感じるらしい。 うん。まったくの同意です。 だからといって、 経済とグラフィックデザインを完全に切り離して考えるのも違う気がするし、 個人的には1つの指標としては絶対に必要なシーンだとも考えています。 そこにタッチしないのはリアルタイムが感じられなくなるし、 そうなると、 グラフィックデザイナーとしては終わりだと思う。 画家であるってなら(現代アートはちょっと事情が違う?)別ですが。 これについては中島英樹も同じような事をインタビューに答えていたように記憶しています。 もし、 付け加えるなら、 グラフィックデザインとは手段であり、 その手段を経済という名の社会が利用するのに最適だったという事でしょうか。 あのバウハウスに則って言うなら、 美術、芸術の技術が社会との繋がりを促す為の手段がデザインなのでしょう。 その中でミニマムで進むのが手っ取り早いというのが答えなのです。 グラフィックデザインが自発的であり続けるのは難しいと考えられます。 一定の条件では可能な気がしますが、 それを永続するというのには疑問があります。 グラフィックデザインは素は印刷にある事を考えると、 前回に書いたとおり、 グラフィックデザインの技能は「搾取」する事にあります。 という事は、 グラフィックデザインの肝は技ではなく「知」という事にもなるのです。 いかに知っているかがグラフィックデザイナーである事の、 最大の条件であるように思います。 コップと皿の例は良く聞くし、 このログにも何回も出てますが、 それさえもやはり、 認識であり「知」である事は間違いなさそうです。 そこに「要素」というのが潜り込む事で、 グラフィックデザイン、もしくはデザインが成立しちゃうのは、 別の話なので置いといて、 グラフィックデザイナーは知らない事を恥ずべくです。 知る行為をあるコンプレックスの塊ような、 画家が絵を描くのを日常にするように、 グラフィックデザイナーは無意識でいる日常を恥じなければなりません。 と、 またまた脱線するので、 そういう経緯において「花形装飾活字」があった訳です。 んでミニマム。 ギターを1本作るのに、 畳6枚くらいの木版が必要で、 1本をマジで作ろうと思ったら2年の作業だぜって教えられて、 今じゃ大量生産になっちゃって、 生涯の1本に出会うなんて楽器屋が無くなったなあというのを話ながら、 そういえば現在の日本で箪笥の肥しになってるギターって何本あるんやろう的な流れになって、 あのギブソンが日本には3000本は肥しになってるんじゃないだろうかとか。 実は日本で一番弾かれてるのはモリスなんじゃないの?とか。 いやいや、実はモリスも捨てたもんじゃないが、 マーティンの凄さに愕然(値段にも…)とするだけでとか、 フェンダージャパンの仕上げの甘さにビビッタりとか。 なんだかんだいって、 ろくに弾けもせずに、 美術的骨董価値で飾ってるやつらが一番悪だぜってなもんで、 その影で世の中学生やら高校生は安価な音の出ない弾きにくいギターで我慢してるんだぜという流れで、 結局は、それはなんでかっていうと、 カルチャーとして根付いてないもんやから、 売ったらそこまでよ主義というか、 買ったもののメンテとかリペアとか改造とか、 結局は1つのシーンにしか渡せないジレンマがあって、 自分のわからないところで作業されてて、 買う前の事とか、 任した後の事とか、 そういうのがどうもわからないで当然みたいな。 だから名前とかブランドとかで信用するしかなくって、 いつの間にかそういう事になっちゃってたんだろうなあという話。 ボクも、 今の会話をしてた人と会う時までは実際そうやったしね。 そういうのがバックグラウンドが身近にあって知ってる人やからこそ、 ものを愛する事が出来るのだと思うのですよ。 単にポンと出てきて完成だけを知っていて、 その他は任せてしまったところで、 生涯の一本のギターとは言えないわけです。 実は、 この話は脱線してません。 次こそは花形装飾活字が出てきます。きっと。



花形装飾活字を愛でる その74

「花形装飾活字」的な印刷発想のシーン展開について、とその可能性について。 最初に明言しておきたいのは「的」であるという事。 「花形装飾活字」そのもののシーンの回帰を狙うものではなく、 印刷という発想、もしくはイメージ、アイデンティティに対する、 シーンの展開、そして可能性について触れていけたらと思います。 最近、 個人がやたらに印刷にこだわっているように思います。 というのも、 残念ながら こだわった印刷ではなく、 「印刷にこだわっている」のです。 まるで病のように、 印刷でのカンプを望みます。 もしくは、 コンピュータで作る事を望んでいます。 それがあたかも神話のように語られます。 正しさを追い求める日本人の性とも言っていいような気がします。 この願望の強さは異常であるとも言えます。 例えばこうです。 ある要望では「手書き風で」「筆文字風で」という注文が多い。 この矛盾、わかりますでしょうか。 なんとも不思議な事を言っているのです。 これが現実です。 印刷という技術がキチンと使う側に伝わっていない。わかっていないでもいいか。 残念です。 有り得ない。 そもそも印刷の領域とはなにか。 印刷は万能ではない。 グラフィックデザイナーもまた万能ではない。 何が出来るかからの発想がしにくくなっているのも、 また現実です。 その要因を挙げ始めたらキリがない。 紙でさえ、 選択の幅が広がったのは最近である。 その自由を選択する事の出来る、 そんなパイプの持っているデザイナーもまた少ない。 重要なのは印刷とは「搾取」であるという事。 気味の良い搾取のウマイのがグラフィックデザイナーとも言う。 知らない人達が知っている人にモノを頼んでいるのに、 何故こんなにもウマク事が運ばないのだろう。 やはり要因は挙げたらキリがない。 実に不思議な状況だと思う。 質の良い印刷が出来るようになった。 いろんな紙が選ぶ事が出来て加工も自由に出来るようになった。 グラフィックデザイナーの質も向上し一般的な認知が向上した。 受け手もそれを求めるようになった。 が、 ここまでの状況を作り出しておきながら噛み合っていない。 何故かシーンが1つに偏ってしまっている。 こんなのはこの文章で書いてもしょうがないけれど、 ある1つのアイデンティティから抜け出せない現状が今であるとも。 これ以上先はテーマと違ってくるので書かないでおきます。 つまり、 目的としての意識が印刷を必要とするシーンであるなら、 その目的とするシーンがあまりにも一遍通りであるがゆえに、 どうにもこうにも、 印刷というシーンが狭まってしまっているように感じずにはいられないのだ。 作る側とて、 その底辺の在り方を喋る場合に、 明らかにあるアイデンティティを基礎にしているが為に、 どうも着地点が見つけれてないのではないかな。 もしくは、 底辺そのものの在りどころを語る場合に、 なにやらその元が無い状況あるのは不幸というべきか、 今の現状を語る上で凄く重要です。 委ねるシーンの一定論でしかない事が、 今の印刷をとりまく人との関わりにも影響をしているのだと考えています。 続く。



花形装飾活字を愛でる その73

これから、 新たな花形装飾活字を提示するためのシーンを作っていこうと思っています。 もちろん、 ボクの他にも同じように、 「花形装飾活字」ではないにしろ印刷というシーンに対して、 原点回帰、もしくは、 現在における印刷という価値の否定。 そして構築しようとしている方がおられます。 これについては、 今回、 この花形装飾活字を配布する事で知る事が出来ました。 数は少ないですし、 シーンはバラバラなのですが、 確実に現在の印刷に疑問を持っている人がいるという事です。 そしてなによりも印刷を愛しておられます。 アート、デザイン、個人、同人、 アプローチが違うという事であっても、 それがわかっただけでも大きな成果だったように思います。 側面は違っても花形装飾活字の包食袋は担うだけのものがあるという事です。 その在り方に可能性を感じずにはいられません。 そして今回は、 デザインという側面から初の文章を寄稿をしていただきました。 なんとも刺激的な内容です。 そして熱い。 これからグラフィックデザインの事を始めようとしている方、 グラフィックデザインの事を知ったふりをしている方、 とくに30代、40代以降の職能だけひけらかしている方、 そんな人達に是非読んで欲しい文章です。 では、どうぞ。

本編は。
http://printersflowers.fengfeeldesign.org/?cid=34120



花形装飾活字を愛でる その72

花形装飾活字において正しき版とは。 何を正しきとするかという表現が近いかもしれません。 ロケーションや可能性も含めて、 選択肢を自ら自ずと見出し、 その正解が正しき版であるとするべきです。 この場合の正しさとは可能性の一つを指します。 いろんな要素や目的を踏まえて導き出した正解の1つが、 アウトライン化というトレース作業にあって、 花形装飾活字からの可能性の現在における着地点という設定にもあって、 前提としての正しきではなく、 どの地点から汲み取るか選定した正しさの追求。 その正解は無数にあって、 そこからの1つが今回という訳です。 何よりも汲み取らなければいけないのは、 今回の場合というのはその汎用性であると思います。 現代の技術に沿わした汎用性はもちろんの事、 当時の花形装飾活字の特性を生かした汎用性の2つを考慮すべきです。 それらをキープしつつ、 その完成された美術的要素を生かす方法も配慮しなくてはいけません。 重要な事はシュミレートする際に、 重大なミスに気付くかどうかにあります。 ミスを修正する勇気こそが必要です。 また、 修正出来るタイミングの考慮を作業ベース以前にしておく事も、 工夫の1つやと思います。 最初の考えの修正は容易ではなく、 それが作業を進めれば進める程に実行する勇気の必要が出てきますが、 その完成度をあげるという意味では、 かならず修正はすべきです。 版の完成度とは、 この場合には複数の意味合いがあります。 個々のオブジェクトとしての完成度、 全体を見通した完成度、 最後に実際に組んだ際に発生する完成度です。 最後が一番重要です。 最初の2つも重要なのですが、 実際に組んだ時に違和感が発生するなんて時は、 「失敗」なので諦めて修正する事になります。 そうしていいところの着地点を見つける頃には、 げんなりして、 花形装飾活字の事なんて大嫌いになって、 思わずキー!!ってなって投げ出しそうになりますが、 そこをグッと堪える事で完成に至りますし、 気付けば限定的ではありますが、 花形装飾活字について言えば、 ほとんどマスターしてるってのなもんなのでした。



花形装飾活字を愛でる その71

前回の続きからです。 印面を「彫る」という概念でシュミレートし、 それをアウトラインというシステムでどう再現するかについて前回書きました。 今回は、 それに基づいてどんな懐の元で実現したかを書いていきます。 ただし、 あくまで懐の話なので、 利用を制限するものではない事を予め伝えておきます。 印面を彫るという事は、 基本でありベーシックである底を、 物質に委ねるという事になります。 理論に委ねるのとの大きな違いは、 正しさの差異とでもいいましょうか。 両方とも間違っていないのです。 例えば、 当時は鉛だったでしょうか銀だったでしょうか、 おそらく銀だったでしょう。 デザインを設計し、 銀に対して彫る、または流し込むという概念を与える事で、 物質化し、 それを利用する事で活版は成り立ちます。 その場合、 印刷された紙面は、 彫られた版に依存する事になります。 その概念を採用するのが物質に委ねるという事なのでしょう。 理論に委ねるというのは、 設計部分のみを汲み取り、 まっさら綺麗な失敗の無い版をシュミレートするといったものです。 考え方としては他にもありそうですが、 大きく分けてこの2つになります。 そして今回。 今回のメインにドッシリ置いたのが物質に委ねるという事でした。 が、 当時の銀版や雛形を再現するのでしたら、 コンピュータではなく手彫りにこだわればいいのです。 それは今回の場合は違うのでしょう。 いかにコンピュータでの利用を促すかがテーマでもありますし、 その可能性の大きさを感じたからこそ、 この作業の始まりがある訳です。 出来れば到着点、着地点としては、 考えられる限りのものにするべきですし、 利用の幅を最大限に引き出せるような在り方が望ましいと考えました。 版の正しさよりも利用のロケーションや方法を選ばないものを目指しました。 単純に当時の銀版や雛形を手に入れるのは無理です。 かといって正確な印刷見本なんてそうそう出会えるもんじゃござんせん。 その中で発想としては、 紙面に刷られるインクの部分が全てであり、 そもそもの印面、もしくは彫られた印面もまたその要素であると考えたのです。 設計理論に沿った正しき版は正しき版として素晴らしいですが、 なんといっても、 今回の場合というのは、 正しさよりも利用の際のその再現性を目指す事にしました。 要素として印面もまた花形装飾活字の美しさの形成する1つでありますし、 印面をシュミレートする事によって、 そこから正しき設計への修正もまた可能であると気付いた事にあります。 つまり、 正しき設計はどうなのかというのは続く。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/