花形装飾活字を愛でる その160

では、水草は文字だったのでしょうか。 花形装飾活字を作るという作業そのものは、 文字を作るという粗案のようなものではという事を前回に書きました。 その答えは友禅に連なる工芸や琳派が追い求めた、 風景や情景の記号化の作業にこそあるように思います。 風景や情景を記号化するという作業は、 これは漢字の根本に近い。 漢字の「桜」という文字から連想されるものと、 図案として記号化された「桜」の2つが齎されるイメージは両方とも同じである。 にも関わらず、 それらが文字と図案の2つに分かれる現象というのは、 どのように説明をすればいいのか。 意図や用途の違いはあったとしても、 それをイメージとして抱く階層は同じであるはず。 イメージの根本としている記憶装置の最初と、 それを基にした図案の作成は同じところにあるように思うのです。 つまり図案と文字が内包している芯のようなものは、 人が抱くイメージに左右される。 という事は「桜」というイメージに対する共有部分として、 文化圏が変われば文字が変わり図案も変わるというのは、 極々自然な出来事と考えてもいいのではないでしょうか。 1つの答えとして、 「距離」と「広さ」を提示します。 言語や文字、図案の違いというのは単純に距離が離れている事と、 目に見えるものの風景や情景にこそあるのだという結論です。 では、戻って、水草は文字だったのか。 結論としては「いいえ」です。 正しくは「はい」かもしれない。 もう一度、 文字と図案という概念を取っ払って、 1つの内包された「イメージ」に戻らなくてはなりません。 これは「文字」ではないし「図案」ではないんです。 結局は「イメージ」そのものを構築する事でしか、 日本で使われている、 「仮名」や「漢字」に見合う図案は成す事は出来なかったんです。 もしくは要素の近さとしては、 これは非常に「仮名」に近い在り方であるというのは、 最近の仮名書体開発の余波として、 感じずにはいられません。 ただ、先の記事に書いてありましたが、 その上で、もちろんイメージの深度の違いはある訳です。 ででで、 繋がったと感じた事があったのですが、 これってつまり、 用途としての花形装飾活字ではなく、 装飾的な要素を含み始めた流れになった事に共通しているのではと思ったんです。 だいーぶ前に書いた事なんですが、 花形装飾活字の衰退(勝手な偏見です)は、 印刷技術の向上と写真の印刷への利用の広がりが原因だと考えていて、 なんか繋がってませんか?これ。 やっと西洋の文字と図案の関係と、 日本での文字と図案の関係の共通を見出せたような気がします。 時間が無くなったので次回に続く。



花形装飾活字を愛でる その159

もし、文字が図案なら、図案が文字なら、それを隔てるイメージとは何か。 何が花形装飾活字と文字としての活字を分けているのか。 何故、人は「木」の図案を「木」と認識し、文字の「木」を木としているのか。 それはどちらか片方では可能か。 図案というイメージ、文字というイメージ、 それらを構築している根本とは何か。 視覚か、視覚に通じる感覚の何が作用してそうさせているのか。 今、図案と文字の決定的な違いを見出す事が出来なくなっています。 それは花形装飾活字と文字としての活字の隔てる線のようなもの。 そしてこの記事の最初の疑問に戻ります。 水草はそもそも日本語に合うように開発した花形装飾活字です。 考えなければいけないのは、 何故それは文字として認識されないのか、という事。 もしくは文字という認識の中で水草の存在は虚ろで流動しすぎているのか。 1つ、はっきりさせたいのは、 図案と文字の距離のようなものです。 隣り合わせの存在か、 もしくはかけ離れた場所にあるのか。 結局歴史的な認識の上乗せを繰り返している事の気付きは、 耐え難い絶望を与えています。 水草が伝えてくれるもの。 人が変化を与えた途上のようなものが文字なのだとしたら次はなんだ。 文字で伝えられないから図案で伝えるのか、 それとも図案で伝えられないから文字があるのか。 少なくとも、これだけは言える。 水草は文字とともにあるし同時に図案としても留めている。 実は文字という快感にただ溺れているだけなんじゃないかという事。 それはグラフィックデザインを解き明かす鍵であるとともに、 その軸を担うのが花形装飾活字であると言い切れるような気がします。 そして水草の存在もまた真意に近い。 自分で生んでおいて、 その正体をまだ掴めていませんすいません。 ですが、 今は言葉に出来ていないというだけで、 感覚としては持っています。 言える事があるとすれば設計をした段階で得られた快感は、 もしかしたら文字が組み合わさる快感に近いのかもしれないという事。 なによりも図案も文字も愛しています。 それがグラフィックデザインされる事も含めて。



花形装飾活字を愛でる その158

この水草って一体なんなのだろうといつも思っていたのだけど、 昨日答えが1つ出まして、 今日はその事について書きたいと思います。 最近はもっぱら仮名の開発に勤しんでいるんだけど、 その中で、 漢字の起源が書かれた文章を読みました。 「最初に書かれた文字は砂の上だった」というのがあって、 ただただ、あーなるほどと思いました。 それとリンクするように、 先日の野口さんとのツイッターのやりとりの中で、 http://twitter.com/kami_labo/status/12515493242 というのがあって、 お、お、お、となりました。 つまり、 イメージの底辺を落とすという作業が、 この水草の大きなテーマの1つでもあったし、 仮名を考える、 もしくは文字を考える中で、 自分の中で結局のところ文字も装飾(イメージ)なんだよねと処理しているところがあって、 文字もやはりそれを捉える為に記号化した結果の集束でもあって、 それを突き詰めて掘り下げていくと、 凄く曖昧で言葉を借りるなら、 凄く流動的なものだったんだよね。 例えば水草なんかは、 イメージの深度を浅く設定する事で、 その装飾に対する認識度を抑え、 深度が深い日本の文字体系に合うように設計しました。 流動的であるという事は常に動いているという事。 それを形式化し具現化したのがこの水草という具合。 何が書きたかったというと、 実は設計したこれって「文字」なんじゃないかって事。 もっと書くと、 装飾というのは常に文字化する事は可能で、 逆に文字から文字という要素を抜く事だって出来るんじゃないかな。 とくに仮名はその深度で遊ぶ文字なんだろうけど、 結論として、 花形装飾活字は「文字」でいいと思います。 なんかやっと辿りついたという感じもしますが、 この水草もやはり「文字」だったんです。 ずっと自分の中で、 花形装飾活字と「文字」を切って考える事が出来なかったんだけど、 やっとなんか、すっと入ってきたような気がします。 ただ確定された記号としての認識が浅いという事と、 文字と言う利用の方向性の違いで、 別のものという意識が芽生えちゃったんじゃないのかな。 イメージという海で言えば、 あるのは深度の違いだけで、 それを捉える快感的な場所は同じなんじゃないかと考えた訳です。 ただ、言葉ではないものというだけです。 言葉じゃなないから美意識や飾りとして、 別の言葉で分類してしまっていただけ。 イメージの同一線上の1つだと認知出来れば、 この水草を理解しやすいんじゃないでしょうか。 火に書く、水に書く、石に木に、 全てが流動的で変化する。 文字がもし印なのだとしたら、 やはり長く持続させるように記号化は必然だったし必要だった。 そしてそれが文字として認識され始めた。 ここへきてまさかこんな結論にたどり着くとは思わなかったけれど、 なんだ全て一緒だったんじゃん!という気持ちの方が大きいです。 なんだか文字というものを過大的に見ている(実際凄いものなんだけど)ところがあって、 それをどうにか言葉に出来ないかなというものがあった。 ボクがグラフィックデザインにおいて、 文字をずっと意識していたのはその為だったし、 純粋に美しいのに文字という事実が自分の中でピンとこなかったんですよね。 ただ、これを視覚だけの認知だとは思わないで欲しいかも、 視覚を通した気付きみたいな積み重ねが文字を形成しているし、 装飾にしてみても、 それを綺麗と感じるのは、 かならずしも視覚だけじゃないと思う。 それが聴覚か嗅覚か触覚か、 はたまた別の何かはよくわからないけれど、 それを抱くイメージは分類されていいはずがない。 本当は、 絵なんてない、 文字なんてない、 ただそれを言葉が別にしただけ。 とくに仮名の開発をしていて文字の真意を知れば知るほど、 水草は文字なのだと考えるようになっています。 そして何よりも真意に近いと思います。



花形装飾活字を愛でる その157



という訳で後はこうやって並べるだけです。 これについては従来のものと一緒です。 ただしヴィネットとして使う場合には、 版の数を少なく集合させてシンプルにまとめた方が、 綺麗に表記する事が出来ます。 そこらへんは臨機応変で調節してみてください。 また、 この水草は装飾を作る事を前提とした版ですので、 例えば四つ角や罫の途中に違和感を与えるように、 最初に説明した、 根と根を合わせたり腹と腹を合わせたり併用しながら配置しても、 なかなかいい感じになると思いますし、 併用出来るという事は、 罫の途中で曲げたりしたら面白いと思います。 組み合わせと発想は無限です。 いろいろ試してみましょう。 ここに書いた2つの方法だけでも、 相当いろいろ出来ます。



花形装飾活字を愛でる その156



続きまして、 集合による版作りの基本です。 主に罫を構築する場合に多用する事を想定した方法です。 まず画像を見てください。 版作りとしながらも1つずつは離れており、 この事から集合としているんですが 水草はオブジェクトとしては面積が大きい版なので、 画像のように根を意識せずに互いを繋げてしまうと、 統一感が薄れ、 なんとも装飾としては下手なものが出来上がります。 そこで、離す事で中に線を作り出し、 模様を増やすという効果を生んでいます。 コツとしては、 根は外に向けて、 腹同士をパズルのピースのように、 大きいものが小さいものを包み込むように、 きっちり合わせていきます。 これは、 オブジェクト1つずつの曲線の比率を全て同程度にしている為、 可能となっていますので、 案外適当に選んだ版でも角度とかサイズを変える事で、 そんなに困らず組み合わせる事が出来ると思います。 まずは、 この作業に慣れましょう。



花形装飾活字を愛でる その155



本文も混ぜてみましたがいかがでしょう。 本来オブジェクトの側面毎の曲線や直線のコントロール、 という事になるんですが、 この水草は「線」そのものが曲線や直線をコントロールしています。 従来がオブジェクトに対して「線」という事は、 逆にオブジェクトの部分、 つまり水草にとっての「肉」の意味はなんなのか、 それは「染み」です。 「線の」通ったあとの「染み」のようなもの、 滲んだ時間経過そのものを表わす事で、 具体的な文字のイメージよりも下の階層のイメージの構築が可能となっています。 意識的に発生する事象と、 無意識的に発生する現象が一体となるのが、 西洋としての組みを前面に押し出した時の水草という具合です。 違いを上げるとすれば、 委ねる対象が、 西洋の場合は確固たるオブジェクトによる線のコントロールにあるのですが、 水草の場合には線は引くものであり、 オブジェクトそのものは線が起こす事象が影響した、 1つの在り方でしかないという訳です。 その反面、 「線」そのものは「肉」に覆われた「陰」にあり、 全体のイメージとして「線」を認識出来るという状況は、 見えないものを想像する情緒、日本の美であると言えます。 何がローカライズかという点において西洋の手法を用いたとしても、 根本的な水草の日本的な面白味みたいなのは変わらないという事がわかります。 そしてそれは基本手法の2つを組み合わせるのみという、 簡単にした事を褒めてあげてください。



花形装飾活字を愛でる その154



では早速その2つの作法を組み合わせてみましょう。 コツとしては、 それらを1つずつの版として扱うのではなくって、 巨大な版の1つのパーツであるというイメージで、 根の方向を意識しそれらが一本のイメージになるように繋げていきます。 繋げていくと、ある程度の完成されたオブジェクトが出来上がっていきますので、 それらを整理して配置するようにすれば、 形の整った綺麗な紙面の出来上がりです。 これは前回、前々回の基本をしっかりと踏まえさえすれば簡単に利用が出来ます。 出来れば根は直線に配し、 曲げる時も四角を描くように曲線を描くよりも、 根が直角になるようにする事が大切です。 曲線での配置はいわゆるワンポイント的な使い方が正しいように思います。



花形装飾活字を愛でる その153



腹同士をくっつけます。 コツとしては、根を1つのものとするイメージで、 団子を串刺しにするように配置すると、 版に一体感が生まれ、 違和感無くくっつける事が出来るでしょう。 この手法は、水草における、 直線の維持を目的とした作法の基本になりますので、 覚えておくといいでしょう。 また、動的、止めのグループの違いを意識しながら使用する事で、 より一層深みのある組み合わせが可能になります。



花形装飾活字を愛でる その152



まずは 版を作るという作業の基本から。 版作りの基本はレゴのように根と根を向かい合わせてくっつけます。 アプローチとしてはパターンの時に説明した通りですが、 もちろんそれを意識しつつもありですが、 せっかくなので自由にいろんな版を組み合わせて、 まずは、その偶然性を楽しんでみてください。 角度やサイズ、位置によって組み合わせは無限に広がります。 ただし注意点が1つ、 出来れば根の部分が外に出ないようにするのがデフォルトだとお考えください。 出たとしてもほんの少しの彩りに留めておいたほうがいいでしょう。



花形装飾活字を愛でる その151



英字には英字の配置を。 今回は「波紋」「対岸」「道標」の3作法を使用しましたが、 実は英字向けの作法も用意しています。 やっぱり英字はシンメトリーが美しいし、 よく整理整頓された規制すべき対象の文字である事は、 従来の花形装飾活字を愛でる事で確実なものとなりました。 実はこの水草にもその能力が備わっています。 コンピュータで組むという新しい発想の一手としても参考にしていただければと思います。 そのヒントは先のIMAGESTで作った花形装飾活字にあります。 「装飾」そのものを構築する発想です。 従来のものがある程度の装飾からの配置の妙でした。 それをコンピュータという新しいテクノロジーを最大限に利用し、 「装飾」そのものを構築し、 それを「組む」という発想にする事で組むという深度を変化させた訳です。 「水草」の底力をなめないでください。 実験を繰り返した完成形である事は、 既に例がある英字による花形装飾活字作法を解説する事で如実に伝わる事でしょう。 これこそがグラフィックデザインであり、 幻想ではない可能な限りの真実です。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/