花形装飾活字を愛でる その210

ここまで書いてきた事というのは、何も局地的で、此処だけの話し、というものではないと思います。音楽のシーンでも、アートのシーンでも、そういう現象って起こっていると感じていて、もしくは、本来、そうであったのが、段々と、理解する人達の中で育まれて、キチンと形になって目に耳に感じる事が出来始めている状態とも言えると思います。それを強く感じたのが、kajico(http://kajico.org)やナデガタインスタントパーティ(http://www.nadegatainstantparty.org)になりますでしょうか。ムジカイーゼル、もしくは、ラベンダーピローの動きそのものでもある辰巳さんがそうかもしれません。それが作品化する瞬間がもちろんある訳ですが、それを仕組む動作やシーンの構築は、まるでデザインそのものであるように感じるのです。手法が特異なのは、たしかにあるのですが、紛れも無く、その行動にデザインを見る事が出来ます。その結果、芸術的な作品が生まれている状況がある、という事も事実として捉えた方がいいのかもしれません。それは、デザインと芸術とが、別ものであるという意識から、既に遥か遠く先へ行く話しであり、もっとリアルタイムにモノごとは起こっているのです。とくに、傾向として、デザインを利用した仕込み的な部分を芸術は利用する傾向にあるように感じていて、それを見るに、過去に、花形装飾活字で起こっていた事が、リバイバルし、サンプリングとしてのデザイン、それを謳歌する芸術として、別々の道筋ではなく、実は、1つの1本の道筋として存在していたのではないかという考えを、今は持っています。そして、既に、次は何を見るか、という視点に立っているタイミングにあり、デザインというものが、もはや、伝統芸能並の意識の古さを持つ事になりそうな予感さえしています。果たして、自分がやっている事とは何なのか、それを知るきっかけとして、エンスヘデの花形装飾活字は、とても参考になる素晴らしき資料なので、ぜひぜひ文章をお待ちしております、なのですが、それをfengfeeldesignでは、あくまで、デザイン、とくに、グラフィックデザインを基にしながら、花形装飾活字という範囲の中で、西洋を廃し日本という視点で発展をつくっていく動作の中で、作り上げた最先端が「hug」にあたる訳です。ただ、これは、花形装飾活字である以上は、芸術への昇華は難しく、それが使われる事で、その役目と成立を委ねているという所に、なんとも言えないもどかしさがあります。ていうのも、fengfeeldesignがもし使ってしまい、芸術としてしまった場合に、それはもはや、道具としての価値を失い、fengfeeldesignのものになってしまうので、そこだけは、どうかして避けたいのです。だからこそ、なんですが、fengfeeldesignが取り扱う花形装飾活字というのは、あくまで組み見本として扱う場合がほとんどで、本来は、第三者の誰かが使い、それが、芸術として扱われる事によって、fengfeeldesignが作った道具、ルール、仕組みとしての誕生を見る事が出来るのです。



花形装飾活字を愛でる その209

なにやら熟々と書いてしまいましたが、どうやら、「hug」では仕組み的な面白さもあるものの、そういった、絵を描く、そのものについて少し触れたいと思ったのかもしれません。芸術とは、なんたるや、なんて、そういうのは、それを高めた人に喋ってもらうとして、ある一定の枠の所で、取り決めたなんとやらのおかげ、本来、機能するはずのものが機能に至らない現状というものが、まざまざと目の当たりにしたのが「hug」の制作であったように思います。時に、所謂ところの芸術領域の作家の方の画をグラフィックデザインとして扱う場合に、その大きな壁というか、違うはずの無い根本のはずが、何処かでリンクしない事になってしまっているように感じたのです。趣向が高まれば、それに応じたニーズで作業を行えるものではありますが、グラフィックデザインの領域で培った事の無意味さたるや、芸術領域を高めた人達との対話において自分達のやってきた事とはなんであったのかを、深く、考えさせられるかと思います。意味の持ち方なのでしょうか、捉え方なのでしょうか。その点、花形装飾活字というものが残り続け、人々から愛されているのを見ていると、グラフィックデザインとしても成立されており、芸術的な視点からも見つめられ、ただただ、羨ましい存在だなーと、感じるばかりです。今、それが可能かどうかと、問われてしまうと、確実に二分しているような気がします。グラフィックデザインである事、芸術である事。そのどちらかでしかないのは、果たして、当時より発展したと言えるでしょうか。何故でしょうか。これらの違いというものは単なる見方の象徴の違いであり、構成されている成分は、もはや同じなのに、どのような所で違うものとして認識されてしまったのでしょうか。これは、正すべくものであるかどうかも疑問の余地が残りますが、1つ言える事は、私達は、この花形装飾活字というものを楽しめるだけの美意識や知識を持ち合わせているのかという疑問くらいなものなのかもしれません。もちろん、それが使われてる文化を自分達がちゃんと保有しているかどうかな気がします。単に技術の点での優位性で語る事も、もちろん可能ではありますが、その前にやらねばならん事があるような気がしていて、それを「hug」では伝えたいと思ったのです。「hug」は入門であるように思います。水草は難解ですけどw(ただ、自由で直感的ではある。)。ただ、それがスターターキットという訳ではなくて、花形装飾活字というものにfengfeeldesignが触れてきた結果、今のイラレという技術を含めて、あらゆる点で、スタート地点にようやく立てた制作であったとも言えるような気がします。言わば、デザインという手法を利用して、芸術という概念に容易く触れられ、あたかも、その人が描くキャンバスの前に居るがのごとく、状況を作り出し、印刷を実現する事。これこそが、fengfeeldesignが目指した花形装飾活字での制作であり、研究の結果、得られた、私達が捉えるべき花形装飾活字の姿なような気がするのです。



花形装飾活字を愛でる その208

「hug」という大きな海について書くなら結構自由なので、気が楽だったりします。この文章でさえもかなり色々と書けてしまう訳ですが、なんといっても、肝はやはり、見た目の事になってくるように思います。ビジュアルは、というよりも、元々、10年くらい前にモチーフにしていたテーマを、ゴソゴソと持ち出してドローイングしたのが今回の制作になるわけですけども、凄く、その時、デザインと、表現について、の枠という、違いについても気付いた瞬間でもあるのですね(10年前に。違う、という表現が正しいのかどうかは、これは先日書いたもので、かなり否定をしてしまいましたが、明らかな違いも、同時に生じているのが分かった事が、この花が装飾活字に触れるきっかけでもあり、この「hug」が生まれた理由でもあるのかもしれません。あれは、あれ。それは、それ。てな具合で、それぐらいの違いの中で、より、詳細にその項目を調べていく行動でもありました。多分、重要な事は、その行動や知恵の範囲での違いによる障壁が、分類を分け隔てている現状ではないのかなと感じたのが、その答えの1つの道筋であったように思います。時間軸、で考えると、もしくは、要素で捉えてみると、デザインっぽいものは昔からあった、と言っても善いのですが、同時に芸術、表現っぽいものも、その前からあった、とも言えると思うのです。つまり、それが誕生した時点での認識と、それが、言葉になるまでの認識では、少し、モノごとが変わるのではないのかなというものです。言語化出来ないものは、人は、恐怖に感じ、突き放します。これは、表現の核みたいなものでもあると思うのですが、それは、デザインにもあります。「hug」そのものを形成する時に、今回のような、枝のような、根っ子のような見た目になる時に、それが単なる、形容詞であるように勤め乍ら、ビジュアルを作っていったように思います。確定的ではないこと、しかし、定義された世界である事。その中間を見る事で、「hug」のビジュアルは完成しました。だから、意識によって、まったく違うもののように見えるかと思います。近所の小学生からは「昆虫っぽくて気持ち悪い」って言われちまいましたから…。それくらい、自分達が見ている世界、形、ビジュアルというものは、イメージで支配され、同時にそれが、表現として研磨されたものが芸術として昇華されていく現状を見ても、やはり、デザインというものの本質が、何やら、表現、芸術を、基にしているように思うのです。同じものでは、ない、が、それを支配するのは視界に入るビジュアルであるという事実は逃れようのない真実であり、それを花形装飾活字に触れる事で、まざまざと思い知らされてしまうのです。



花形装飾活字を愛でる その207

「hug」が、筆であるか、表現であるかは別にして、本当に示さなければならないのは、それが成立するかどうかであるか、なんですよね。それはすでに「clothing the hug postcard」で、実現出来た訳ですが、fengfeeldesignがやった事というのは、それが表現の場合でしかないのですね。もちろん、道具としての扱いを示した訳ですが、それが、表現として昇華するには、やはり、別の誰かが、使い、利用し、形にする事だと思うのです。そして、それも既に願っています。「REVI+箔押し+hug」こちらの制作により、「hug」は道具として使われ、表現になりました。これは、果たして、デザインではない、と言えるでしょうか。「hug」はデザイン?わかります?わかります?単に、デザインに捉われた人の言葉かもしれないが、今の人達も、めっちゃ捉われてるような気がするんですが、いかがでしょうか。なんか、自由だよーっていう瞬間と、ちゃんと知恵と技術の部分があって、それを分けて考えてしまう事で、表現と、デザインを分け隔てていたのだけど、なんかちょっと勇気が湧くような気がするのです。花形装飾活字って本当は未完で、音楽に連なる楽譜のような、完成を目指していたに関わらず、時代がそれを許さなくなり、途中で終わってしまった作業のようにも感じます。つまり、花形装飾活字は途中であり、fengfeeldesignが扱っている、「PRINTERS'FLOWERS from エンスヘデ活字鋳造所」が単に、その最高峰というだけで、サンプリングするにはまだまだ早いように思うのですね。昨今では、PCを利用したテクノロジーが前衛的な感じなっていますが、花形装飾活字の完成を待たずにテクノロジーが先行した感じがあるのも、事実なように思うのです。これを、この、途中で終わってしまった、花形装飾活字を、終着に向わせたいという思いの中で、「hug」があるような気がしていまして、ちょうど、活版から続く印刷の技術とPC以降という技術との交叉点に置いたものであるとも言えるように感じています。とくに「hug」が特別、という訳ではないのですが、ようやく、頭1つ出たような気がしつつ、これからの制作が楽しみでもあります。



花形装飾活字を愛でる その206

形と仕組みの分離については、明確になったのは、「hug」と「fuji」の間にあった、「なめくじ」という、「水草」の形でもって、「fuji」の仕組みを取り付けた制作の時でした。もちろん、これは、どちらが正しいというものではありませんが、分離をする事により、作業を形式化し、ビジュアルに自由を与える事になりました。これは、グラフィックデザインにおける表現域を明確化する作業でもあり、グラフィックデザインという行動を伸びやかに実現する為のものでした。というのも、どうしても、今のグラフィックデザインというものは、描画としての技術とワークフロー、配置としての美的感覚、印刷への版の作成、などなど、種類の多い、あらゆる作業が1つにまとめられているのが現状にあげられます。その結果、純粋なる、グラフィックデザインの使命のようなものが不透明になり、どうしても、アート(表現)とデザインの比較論で語られるという、なんとも、頼りないものに頼るしか無くなるのですが、結果、グラフィックデザインの中からアートが疎外されてしまうのです。これって果たして正解でしょうか。ビジュアルを司る以上は、いずれか、どこかで、影響を受ける事になりますし、選択肢の中から無くした結果、昨今のような、ヒドクも孤独な状態になっているのは、何が原因なのでしょうか。まず、グラフィックデザインにおいて、アートという選択が出来ない事は、デザインの原則から言えば、とても変な事をしているのは、理解していただきいなと、感じています。今、結局、使い廻しているのは文字だけで、その他は制作している状況は、果たして、胸を張ってグラフィックデザインと言えるでしょうか。その時々のイメージに合わせた、判断されたものを作る事が、それが例え、個人ではなく、複数であっても、表現であり、アートとは言えないでしょうか。「hug」はそれらをより明確化した制作でした。それが全体でもいいでしょうし、一部でもよいのだと思います。技術における制限ではなく決定された美しさの定型化のようなものが、花形装飾活字なのだとすれば、「hug」というものの制作が見えてくるかもしれません。あらかじめ用意された「同じ」ものを使う事は、アートや表現でも、意識の部分も含めて作品という単位で積み上げられて同じ同一線上で残されていくものですが、デザインの場合、ある一定の方法が、ある一定のサイズで残り続け、変化せずに使われていく状態なのですが、其処に、どれだけランダムを与える事が出来るかが特徴であり、今までのfengfeeldesignの花形装飾活字の制作というものが、その逆算もまた可能である事の証明であったのではないのかなあと感じています。つまり、デザインとアートは、その性質の違いがあるものの、形成している素性そのものは同じだと言っちゃっていいような気がします。そして、それを「hug」でようやく、道具としての高まりを見た訳で、例えば、もはや筆のようなものを作れたという事は、これを使い、表現やアートを実現出来る所まで辿り着いた事が、正式なバージョンアップと呼んでいる由縁なのです。



花形装飾活字を愛でる その205

さうてさうて、「hug」が例に漏れず、fengfeeldesignにとっての花形装飾活字の正式なバージョンアップでした。イラレという自由の海に、ルールを制定したビジュアルを。何もそれは技術や時代の制限を設けるというものではなく、例えば、音楽のように、ルールの範囲内で策定されるべく、用意された芸術のように、イラレという、制限の無いデータを制作するツールに対して、そのツールが持つ特有を利用する事で、より確定された美しさに辿り着くのではないのか、という元に、この「hug」の制作がありました。活版の時は、それが技術であり、その範囲内の美しさを追求したのが、花形装飾活字であったように、今度は、その範囲さえも自由に作る事が出来る訳で、そして、それが水草から始まるストーリーだったので、水草が即興演奏のようなものであるなら、それらを綺麗に見えるように音符ぐらいまで、体裁を整えたのが「fuji」であり、その体裁に譜面というルールを付け加える事により、デザインになりました。この10年間程度を使って自分が何をそんなに花形装飾活字というものに、注いで来たであろう、その何かというのは、自由になりすぎた、グラフィックデザイン、とくにビジュアルの制作に、音楽のような、ルールを設ける事だったのです。それはとても慎重に行いました。ただ、システムを作るのではなく、そこに広大なランダムを設置しなければなりません。そして、その意志が、イメージが、まるで文字を書くがごとく、配置に向わなければならないのです。何処が創作で、何処までが創作なのか、何を用意し、何を筆とし、もちろん、それは、イラレを使えば、サンプリングは無限に広がります。とくに「hug」は、圧倒的に下準備されたもの、という表現が正しいと思います。予め作っておく事の最上級、そして完成形なのです。これから、恐らく、「hug」の種類の違うものを、何種か作っていく事になりますが、それは恐らく、楽器を作る作業に凄く近いのかもしれません。音色の違う、形の違うモノ達をたくさん作っていく事になります。「hug」がちょうど90年代の初頭的な感じですから、時代に合わせた楽器の制作も可能だと思います。あとは、プレイヤー次第。多分、fengfeeldesignの作っている花形装飾活字というのは、使い慣れるまでが難しく、使い慣れると、まるで箸がごとく使用出来るものなのですが、その点で言うと、もしかしたら、kado the 108なんかは、ちょうど善い入口かもしれません。でもまあ、楽器製作者の自分としては、既に、世の中には優れたグラフィックデザイナーという名の演奏者が居るし、もし、この視点でデザインをされている人が居たなら、その人に合わせて、花形装飾活字を作ってみたいなーって気持ちは、今は、強くなっているような気がします。



花形装飾活字を愛でる その204

そうであるか。そうでないように。花形装飾活字というものを扱い、見つめ、そして、この3部作が生まれました。「hug」「糸巻き」「エレキテル」。その合間には、「ウズ」「なめくじ」…etc、幾つもボツ制作もありましたが、なんとか、この3つの制作に落ち着くことになりました。とくに「hug」は「fuji」の次の制作として、「fuji」それが生まれる、その時から、ずっと迷い、見守り、デッサンを続けてきた花形装飾活字です。恐らく、「水草」は言語みたいなもので、「fuji」はそれらをルールにし、「hug」でやっと、デザインになりました。「hug」と「水草」は同等であり、違うとも言えます。もちろん、見た目も違いますし、使い勝手も、その性質も、まったくから違うものでありますが、時系列の中で、200年くらいのスペクタルがある代物でもあります。「hug」の特別は、その制作期間にもあります。実に3年間、その形に至まで、幾つものプロトタイプの中で生まれた、1つの最終形態です。今回の制作の失敗を述べるとするなら、「fuji」から「hug」までの、その過程を見せなかった事にあります。もしくは「水草」から「hug」とも言えるかもしれません。新しい形、ではなく、既存の形。そうですね、順序善く進んでいれば、ちょうど90年代初頭の時に生まれてもよかった仕組みかもしれません。その後追いとも表現していいように思います。ようやくここまで来れました。「糸巻き」「エレキテル」も、同時進行で進んでいきたものなので、これらを同時にリリースできた事は非常に感慨深く思います。単なる技法や、古い時系列の話しではなく、リアルタイムに進める事に終始し、その結果、今、自分達が扱うテクノロジーに並ぶ感じで花形装飾活字を作れた事は、とても誇りに思いますし、印刷が、それに纏わる技術が、これから積極的に助けて行ける体制を整える1つのきっかけとしても、今回の3つの制作があったので、これから、ほんの少し、未来を見る事になりますが、今、この地点として、「hug」「糸巻き」「エレキテル」が生まれた事に賛辞を贈りたいと思います。



花形装飾活字を愛でる その203



雲のように。緩やかに軽やかに。印象が無く、それでいて存在感のある装飾。見ていて違和感よりも、日常にそっと溶け込むような厳かな感じ。現代において装飾とは、特別であってはいけないような風潮があります。時代性や歴史的な視点を抜いたグラフィックデザイン。其処には技術という名の、純粋な要素だけが漂っています。それが所謂、フェイマス、人気、キテル感じなのだと思います。今、まさに使える装飾として、装飾でありながら、いかに象徴的ではないものに仕立てていくがポイントとなりました。雲は、今でも人々の目に通づる自然で、日常に溶け込む風景です。そう、風景のような存在が今は、グラフィックデザインに取って変わろうとしてるのだと思いました。今回は、花形装飾活字という機能が、現在のグラフィックデザインを実現し可能に出来るのかを実践をしました。そして生まれたのが「浮雲」なのです。なんかでも感じ的には、今の日本のグラフィックデザインて、無装飾にどれだけ、装飾的なものを入れるかの匙加減の善し悪しを計る事が、ちょいとした、かっこよさになってて、ったく、相変わらず歴史や時間軸を無視する国で、仕事の在り方として、常にオリジナルで作り続けるし、スピーディで、低コストで、時間を掛けずに良く見せる、成れの果てだなと、正直な所、そういう所には関わりたくないし、そろそろ気付けよバカ。な話しは、別なんで置いといて、この方向で、質の向上、ラインナップの多様化したものを、当分は作っていこうかなと思います。



花形装飾活字を愛でる その202



浮雲は、装飾性よりも、平仮名の「みずくさ」に近いものになりました。そもそもの、「みずくさ」は、印刷の余白Lab.( http://yohaku.biz )の野口さんによる、表態文字( http://yohaku.biz/mojinomi_nog.pdf )という研究が元になって生まれました。表態文字は、動きそのものを捉えた考え方で、「みずくさ」はその動きが、実は音声の録音装置みたいなもので、音そのものを仮名は、表現してるんじゃないか、という視点に基づいた設計になっています。今回の浮雲は、文字という縛りから開放した線を主体とした音、つまりが、音を書くように、文字の波長のような花形装飾活字に仕上げた訳です。文字をより、ふんわりとさせたもの。波長の様で、その形が捉えられないもの。それが浮雲という具合です。言うなれば、「ふわふわ」という文字列で束縛出来もしますし、意味を持たぬ「ふわふわ」という感じなんですね。わかりますかね。文字として認識出来ないものに対して、あたかも文字としての「ふわふわ」を認識させる事に今回の試みがありました。ずっと「ふわふわ」「ふわふわ」と書き続けているのです。その大きさに関わらず、「ふわふわ」なんです。これこそ、fengfeeldesignの日本的な装飾というやつでで、仮名にしたって、あれは、ホントに音声そのものなんですね。見た目を重視しているというか、言葉にしたものを表現している1つの形に過ぎないのだと考えています。ならば、その考えでいくのであれば、装飾にも、その録音装置のようなものは取り付けれるし、表現出来るのではないかと思ったのです。実際に、日本人の自分達は、視覚的美術を、そのような目線で見ているのではないでしょうか。だからこその直感でもあり、単純なのです。この花形装飾活字が簡単に見えるのは其処にあると感じています。もちろん、それは、見た目の美しさを込み込みな訳で、今回の装飾では、あらゆる浮雲としての美しさを表現出来るようになっているのは、次回へつづく。



花形装飾活字を愛でる その201



ぬおー!めっちゃ久しぶりです。あれれ、前は何時だっけか、「2011.02.02 Wednesday 」。そんなにかー!一応、完結した「花形装飾活字を愛でる」でしたが急に思い立ちまして、というか、なんだかんだ、何がどう気が触れたのか、約2年ぶりくらいの花形装飾活字の新作を作りまして、そのご報告と、どうだ!スゲーだろ!という事で、ここに舞い戻ってきた次第です。実は、今回の新作の後、年内、あと2つ作る予定しておりまして、今年から来年にかけて、この「花形装飾活字を愛でる」プチ復活と、相成った次第でございます。そっちも楽しみにしていただきつつ、今回の新作、その名も「花形装飾活字『浮雲』」!パフパフどんどんどん、パフー、ドン!と、なんでまた、急に、という話しですが、そりゃもう、単純に、花形装飾活字への愛が、枯渇しなかったからです。時間が経って、色々と使い続ける内に、さらに愛が深まったというか、作るだけじゃなく、使う事で、たくさんの気付きが発生しました。それらを、今回、3部作にまとめる事で、プチ復活とした訳なのですね。まあ、突っ込んだ紹介は次回から行うとして、より、使える事を念頭に置いて作りました。今回の制作はその一語に尽きます。もちろん、完成度という名の元では「新•花形装飾活字『水草』」に勝るものは無いのですが、時代性による趣向を今回は多く含んだと思います。50年スパンのものではなく、5年スパンのものにする事で、作られる曲線の軽やかさが、今とマッチするというか、より、直感的に使用出来るものになったと思います。本当に今回のものは簡単に使えるし、とくにグラフィックデザインの知識が無くても下手でも、イラレさえ使えたら、誰でも、「浮雲」スタイルなグラフィックデザインを構築出来るのです。使える花形装飾活字とは、どうぞお楽しみに。ホント久しぶりだなあ。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/