花形装飾活字を愛でる その213

単色における造形が、その熟知出来る程度の情報量が、hugで一旦の完結かもしれません。それは、単色による可能性が無くなった、という話しではなく、単色というステップが次に進む事を視差しています。データである以上は、数値の変化の域を出ません。それはデジタルカメラが銀塩写真に取って代わる程の解像度を得られていない以上は、それが、光を変換する方式において、化学をサンプリングした科学でしかない現実を、まずは直視しなければならないと思います。化学、とくに物理学は観察でもって、その全てを決定付けますが、科学は一種のイメージングの世界を延長線であるとも言えます。それが単に数字だけでなく、言語や、図形に、その範囲は広がります。そうです。イメージングの世界が織り成す、夢のような現象が、今のデザインでは可能なのです。化学による影響の範囲がギリギリまで抑制された、科学の世界でデザインし、それを実像として表す事が出来ます。多分、それが、デジタルカメラと、銀塩写真の違いな気がします。意識の中で、もしその違いを説くのであれば、現象だけで踏みとどまるべきではありません。その意識まで至らなくてはならないと思います。それは、タイミング、です。意識のタイミングの違いを与える、イメージングな世界の変化については、無視はしてはいけないでありましょうし、同時に、hugで最も拘った箇所であるかもしれません。タイミングと言えど、様々なものがあると思います。手放す、もそうですし、予想の範囲、もそうだと思います。デジタル以降は、これらのタイミングがとても遅いタイミングで可能になったと言えます。これは科学、すなわち、人のイメージが、物理化学、すなわち、印刷加工に移り行く境界線のようなものの、時間とバランスが、圧倒的に前者において増加傾向にある、という状況そのものが、昨今の事情を作り出しているように感じています。今まで、専門性を持っていた事、人が不要になり、しかも、それらも、ある程度自動簡略化され、すると同時に余地が出来ます。今は、その余地をどうするか、という所で、いろんな人が動いているのだと感じるのですが、fengfeeldesignがやっている花形装飾活字に関連する動きも、まさに、その動きであるとも言え、同時に、hugこそが、そこに投じる、最新の思考であるとも言えるのです。データの終着点。データの完成。言わば、そのデータの有り様の考え方こそが、花形装飾活字から捥ぎ取った最良の知恵であったと考えています。



花形装飾活字を愛でる その212

ここで扱っている花形装飾活字は、他の素材よりも、いささか使いづらいかもしれないが、ちゃんと操作方法やUIについては、かなり検証して、それぞれのクセのもと、ある程度の慣れさえこなせば、ある一定の組みの実現が容易くなるように出来ています。とくに「hug」の場合は、それが色濃く反映された道具であるように感じます。水草の時に得た、自由と、fujiの時に得たルール、の善き経験値を円を主体とする事で、それを実現しました。水草も、fujiも、重ねる事を基本としていますので、それらを、いかようにロジックに行う事が出来るか。が、hugを考える上で非常にポイントとなった箇所でもあります。重ねても善し、並べても善し、自由に配しても善し、または円を中心とした、回転や、それらに付随する十字の線のガイドを活用し、非常に汎用性に優れたデザインが実現出来ました。上下左右の反転の美しさ、サイズを変えた時にも、装飾としての機能を損なわない事など、あらゆる点で、fengfeeldesignが制作した他の花形装飾活字を凌駕しています。もちろん、それぞれが、それぞれに、突出した魅力がある訳ですが、hugが特別に凄い制作であったのは間違いないように思います。「hug」で目指した事の1つは、独立しない事です。先の水草と、fujiでは、例えば、文章などと並べた時に、内容との連携が少し弱く、少し、装飾の方が勝ってしまう為、その扱いが少しシビアな点がありました。この点は、hugでは、starsや浮雲の時のラインの取り方を参考しながら、ただ繋げるのではなく、繋がった時にちゃんと描画されている事や、1つの世界を構成出来ている事、そして、単に直線的な繋がりではなく、なんらかな図形を描かきながらの連結である事を意識しました。そうする事で、使用者に一定のルールを与えつつも、使用者によっての扱いのランダム値が上がる事が確認しています。とくにそれは浮雲の時に強く現れるようで、組んでいる感覚はとても浮雲には似ているかもしれません。浮雲の動作で、水草やfujiのような絵が作れるのは、hugでの1つの大きな発見でありました。また、浮雲での不自由さを、円によって取り除いた経緯を考えると、このシステム自体は、浮雲からのバージョンアップと言っていいような気がします。



花形装飾活字を愛でる その211

最近のデザインが、とても感覚的になってきている印象があります。ほんの2年前のものを見ていると、ほんのり感覚が浮き出る程度だったのですが、今は、全面が感覚によって支配されていて、見る場合にも、これが善い、あれが善い、という感じで、確定的な部分ではなく、あ、なんだかいいなーというぐらいの、なんともフワフワした、まさしく感覚で捉えるような見方をしているような気がしています。それに関して言えば、やれ、そんなのはグラフィックデザインではないとか、これ、そういう見方をするもんじゃないとか、古臭い、爺さんみたいな事を言うつもりではなく、それは、リアルタイムに生きている人達が楽しむ趣向のようなものの変化であり、それに合わせて、変わっていくものであり、だからこそ変わらないものの膨よかな表現が存在するという話しだからなのですね。これは、恐らく、昔から繰り返されている事だと思っていて、デザイン、という、ある程度に確定された意識で構成した思想から、少し、何かが変わりつつある、という事だと思うのです。絵画で見てみると、レンブラントとフェルメールって、同じオランダで、時系列も良く似た時代に活躍した画家なんですが、レンブラントの方が古臭く感じ、フェルメールは少し新しく感じます。ほんの少し、ほんの少しだけの差なんですが、レンブラントは、これは僕の印象としては、感覚で描いていたのではないかなーと想像しています。感覚を技術で表現した、みたいな。逆にフェルメールの方が、若いんですが、技巧派というイメージがあります。なんというか、技術に感覚をウマい事よいしょってした感じなんですよね。技術と感覚のバランスで、こんなにも描かれる対象や、印象が変わるのはとても面白い事だなと思います。ルーベンス、ハルスを見てみると、時代は彼らより古いのに、より感覚的な絵画が多いような気がします。ハメパターンが出来上がる一歩手前の充実感のような…。つまり、感覚が先行している今の状態というのは、何かの技術の基でそうなっているし、感覚と技術が飽和状態にある時に、このような状態になるのではないか、と考えてまして、技術が安定しているからこそ、感覚的になれる、そして、感覚が進行する事によって、新しい技術が登場し、感覚が、また1から育まれていくような、そのような繰り返しが、ずっと行われてきていて、その1つの流れがデザインであった、というだけの話しのように思うのです。今、しかも、デザインの過渡期だと感じています。それは今までの歴史推考から言っても、かなり、そうだと思います。素晴らしき技術は古くても残り続けていきますが、感覚は、どんなに素晴らしくても、時間が流れると淘汰されます。淘汰されなかったとしても、実現が不可能であったり、過去であったりします。今、fengfeeldesignが花形装飾活字に対して、何故に、こんなに熱くなって接しているかというと、デザインの過渡期だからこそ、純粋に、デザインという思想、もしくは感覚が生み出した素晴らしき技術の継承を、今、行う事で、後世へ残す為なのです。この技術は残るべき、だと思うからなのです。残す事で、次の新しい感覚の中で、この技術は花を咲かせる事でしょう。実際に、既に古い技術ではありますが、それらを汲み取り、感覚と照らし合わせ発展させる事で、「hug」という素晴らしき、花形装飾活字を生み出す事が出来ました。感覚的な状態になってるからこそ、デザインが何を生み、何を技術として残した、のかを考え動く事は、今のデザイナーの使命のようにも感じています。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/