花形装飾活字を愛でる その22


2264と2265。 どれかというと2262と2263に近いです。 こいつらを一緒に近づけて使うとなると、 なかなかウザいくらいのボリューム感です。 形だけを見てみると2262と2263に似ているんだけれど、 なんだかどうも違う。 とくに一方の流れがある訳でもないし、 力強さでいうと何か間の抜けた印象。 これって多分中にある噴水のような表現に原因がありそう。 イメージとしては、 右下から左の方へぐるりと上へ、 ここで普通なら今までなら渦を巻いてました。 が、中でなんか噴出してるような図案。 そのおかげで、 そのまま力が継続するように右側へ、 処理されない力が流れていって、 外へのイメージも力強いというよりも、 中で終わってしまう程度になってます。 他の図案へバトンタッチにもなっていない。 けれど、 引き込む形にはなっている。 わずかながら、左上の部分で連結は出来そうな気もするなあ。 これやと多分、 どんな強いイメージで流れで連結したとしても、 強制的に終了出来そうなそういう印象。 とくに凄いのは、 それが無理なく終わらせる事が出来そうなんですよね。 おそらく真ん中の噴出している噴水なイメージによるもんなんすよね。 で、右に流れる脱力感のある渦とおたまじゃくし。 で、得られるのは絶対的な安定感。 図案をループするようなイメージではないし、 きちんとボリュームもあるし、 大作を組む場合にはこれは重宝すると思います。 もうこれは装飾の為のパーツですよね。 文章を整理する気はなさそうな…。 と言いたいとこですが、 実は直線と曲線にわかれているので、 そこは抑えられてます。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/