花形装飾活字を愛でる その24


2268。 2254の装飾強めバージョンです。 これってスゲー不思議な図案です。 配する向きや組み合わせる図案によってイメージが変わるのはもちろんなのですが、 向きが同じ組み合わせる図案が同じでも、 そのシチュエーションによってそのイメージが変わるのです。 順応性に優れているといえばそれまでなのですが、 どうやらそれだけではないようです。 その原因はこの図案の装飾にありそうです。 まず1つは対象的である事。 もちろん今までにも対照的な図案はありましたが、 これほどまでの順応性はなかったように思います。 重要なのは、 これが整理性よりも装飾性を優先した図案を紹介するにあたって、 初めての対象的な図案という事です。 2254と同じでありながらその要素の違いは大きなものがあります。 今まで装飾性を優先した図案は1対で2つでした。 けれど、 これは1つです。 そしてコンセプトは同じ。 2つに割ってそのまま拡大して使えば通用しそうです。 つまり、この図案には2つの流れがあるという事なのです。 1つの図案の中に2つの流れ、 今までの対象的な図案はそうではなく、 何か1つの象徴的なイメージを描いていたように思います。 例ではそれを使いきれてない面があるのですが、 その1つの要素として、 流動的かそうでないかという違いをもたらす事が出来ます。 これはイメージの問題なのですが、 その操作弁というかただ流れているイメージに、 的確なビジョンを与えているように思います。 もっと書くと、 その発端にもなりうるんです。 例の場合は、上部に配する事で、 その流れの発端、 下の方ではその膨大なイメージを上手く収拾しコントロールしているのがわかります。 いわゆる順応性の部分、 操作弁の部分が見てとれます。 使いやすくそして懐の深い図案なのです。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/