花形装飾活字を愛でる その30


2275です。 ピン型。 でっかいねー。 どうしたもんかな。 これは今までになく角ばってます。 おたまじゃくしのとこ見て貰うと尖がってるのがわかります。 なんかもう独り立ちしちゃってますもんね。 連携する気ないもんね的な意欲を凄く感じます。 なーんか気取ってますよね、大きさもそうですけど。 別にね例のやつはサボった訳じゃないですよう。 そりゃもう少しくらいは楽だなあって思ったけれど…。 なんというかこれって、 いわゆるヴィネットですよね。 小型のカワイイ(可愛くないけど)装飾的な使い方がいいなあと思ったんですよね。 前回のやつを含めて、 後に続く2種類がなんかそんな感じで揃えた要素を、 プンプンと匂わしてるんです。 他とは一線を置いて、 なんか独立心の高い、 センターというか中心にしないと困っちゃうような、 なので役割としては、 前回に書いたのと同じような感じでなのです。 今回はとくに何も書く事がない。 あ、今気付いたけれど、 逆様にして使えばいいかも!と思ったけど、 基本形の小さいバージョンの方がいいですね…。 なのでこの4種(後の2種含めて)は、 あえて何も書く事がない。 というか、 どうでしょうかニュアンスは伝わりましたでしょうかね。 単に何もかもを組み合わせるのも、 面白いと思うんですが、 そうしていく内に使わないやつとか、 使ってしまったものの浮いて使いづらいとか、 あると思うんですよね。 組み合わせのパターン的なものもありそうですし、 そういうのが分かってくると、 次にそれぞれの役割が見えてくるんです、なんとなく。 あ、これはこれと組み合わしたらいいとか、 こういう場面に使おうとか、 自分だけの黄金比率が出来上がってくるんですよね。 きっと、 きちんと伝統的マニュアルはあるんでしょうけど、 そういうの抜きで、 同じ装飾を使っていても、 人が違うと変わってくるんですよね。 まさか、そこまで目論んで設計したとは思わないのですが、 それがまたこの花形装飾活字の不思議であり魅力やと感じます。 もしかしたら、 ボク個人としては、 今回のこの装飾は使いづらいなあと思ってるんですが、 中にはめちゃんこ重宝しててスゲー上手いことしてるかもしれない。 それを知りたいんですよね。 なので、 そういう情報をもっと交換したいので、 出来ればもっとたくさん問い合わせてくれないかなあ…。 あ、愚痴でした。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/