花形装飾活字を愛でる その37


2284と2285。 ここまで来れば解説イラねーでしょって感じですよねえ。 なんだこりゃという感じ。 スゲーなー。 なんなんだこの中間!心地良い中間具合。 生であり動である。 これはもう生き物なんですよね。 そして動いてもいるんですよ。 このシリーズの中で、この図案が一番好き。 密度とバランス、抽象的であり具体的であり、 なおかつキチンと活版という役割の中にある。 直線と曲線。 いやあ、もうなんか悪いねえって感じ。 ここまでのもんになると使いこなすのも一苦労ですけど、 使った時の感動はスゲーよやっぱ。 絶対いろんな人に使って欲しいんすよねえ。 拡大した時の感動は半端ないです。 対象的に置けば孔雀のような鳳凰のような…。 もうそれだけでいいじゃんみたいな。 奇跡ですよ奇跡。 神業ですよ神業。 理屈抜きで、 それくらいしか言葉が見つかんねーぜ。 もちろん、 設計者のいろんな計算があってこそなんだろうけど、 スゲーなあ。 今の日本でこれだけの事が出来る人いるのかなあ。 研究だけに偏らず、 美術だけに偏らず、 その全てに精通している人。 いねーよなあ。 絶対どっちかやもんなあ。 技術あるけど能がない。 能があるけど技術がない。 補えあえばいいのに、 なんか両方ともが門閉めてるもんねえ。 形式にこだわりすぎだっちゅうの。 わかんねーかなこの凄さ。 オイラはわかるよ。 ずっとトレースしてて、 大概なものは見飽きるぐらいに観察して考察してきたけど、 これだけはずっと飽きなかった。 ずっと凄かったもの。 なんか特別な存在。 結局だから最後までその図案の思想を汲み取れなかったし、 だから逆に凄く思い入れがあって、 一番試行錯誤して時間かけました。 そして、 なによりも、 まだわかんない。 わかんない部分はオイラの勝手な解釈と、 スゲー!という思い込みが混在しつつの完成になってしまってますが、 その分、 この版への感動は何にも変えがたいもんになってて、 それが乗り移ってもいると思う。 だから、 これだけでもフリーダウンロード(やんないけど)で使って欲しいくらいに、 愛らしく愛おしく、 キモイですが、 一番オイラの花形装飾活字のエンスヘデ活字鋳造所のシリーズ60への、 愛が存分にあふれ出ているといえます。 そういう感じの版です。 これだけの為に使って!と言いたいです。 それくらいです。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/