花形装飾活字を愛でる その39


2287と2288。 これちょっと変わってて面白い。 なによりも、 この版の一番の魅力は独特なウネウネ感にあって、 2281と2282のやつよりも、 断然に遊びを入れてるのがわかります。 単に大きくしたのではなくって、 キチンとした想定でのバリエーションだということなのでしょう。 と言いつつ版にそのものについては、 あえて付け加える事はないと思います。 毎度ながら最高です。 手を抜いてないのは、 今まで紹介してきたやつを見てもわかるんですが、 それが1つも無いってのは本当にスゲー事だと思います。 そしてそれぞれに魅力があって役割もあって、 これを考えた人作った人関わった人全てが、 スゲー本気でやったんでしょうねえ。 今、現代でここまでの事が出来るかは凄い疑問です。 もちろん技術は変わってきているし、 そこは考慮に入れた上で、 果たしてここまでの情熱や責任や技が持続するでしょうか。 最近の個の技術力の低下は目まぐるしいものを感じますし、 いつから、 グラフィックデザインはスピードと効率とクライアントだけのものになってしまったのしょうか。 もっと心が震えて作る側が感動出来るような、 そういう現場はもうないのでしょうか。 それを望むのは変な事でしょうか。 あ、内容がズレタ。スビバゼン…。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/