花形装飾活字を愛でる その41


2291です。 あはは。笑いしか出ないですね。 これはこの版はバランスが光りすぎですね。 本気で凄いと思います。 いやもう見た目でわかりますね。 1人で何役を演じるつもりなのかまったく。 使用するポイントとしては、 真ん中にデーンと置いて、 いろんな装飾との連結部として使うのがいいと思います。 サイズがサイズですし、 大きいのでいろんな版を並べる事が出来、 何よりも図案を見ると、 外側にいろんなサイズの渦が配されていて、 いかにもそうしてくださいねと言わんばかりの、 仕上がりになっている感じです。 これはちょっと特殊で面白いので、 イメージ的にどうかだけ付記しときます。 まず真ん中のの上から流れが始まっています。 それから下へ左右の端まで広がるイメージで川の流れを、 正面から受け取るようなイメージになっていて、 その後、 何かにぶつかってザブーンとなって上に流れが、 打ち上げられるような感じで、 水飛沫とともに消えています。 で、今までならここで終わりなんだけれど、 ここがこれの特殊なとこで、 よく見ると何か外へのイメージに繋がるというよりかは、 中でギューギュー詰めになっているのがわかります。 なので、 いろんな版と組み合わせる事は出来るのだけど、 どうも組み合わせた時にパワーが無く、 パワーがあるはずの他の版でさえ、 それに吸収されたように動きがなくなるのです。 惰力しか残らないような。 が、 そのおかげでオブジェクトとしての意味合いが強くなり、 例で見てもわかるのですが、 大きなサイズの割には、 スゲーうまく溶け込んでます。 言われなかったらわからないくらいにです。 しかも全てが1つのストーリーを持つように、 ガッチリとまとまりを魅せてくれてます。 なんなのでしょうねコイツは。 まるでブラックホールとか磁石のようです。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/