花形装飾活字を愛でる その52


罫線を利用してしまいましょう。 なんともマニュアル通り。 基本であり基礎でありベーシックであるってなもんで。 古典的で好みが分かれそうな気がしないでもない。 そもそも文章を整理するだけなら、 罫線だけで事足りる訳で、 そもそもこのエンスヘデ活字鋳造所シリーズ60は完成度が高いんです。 過去のものや完成度の低い見た目だけのものとかなら、 これは凄く使えると思います。 今回の場合は目的手法というよりかは、 形式手法に近いものいなってしまいます。 完成度の低い花形装飾活字という、 整理性を維持出来ない部分を補うために、 あくまで装飾としてとしての花形装飾活字をイメージしたものだと考えています。 が、 まあ有りっちゃありで、 花形装飾的な古典を構築するには、 そういうイメージに近づけたい時には使っていいんじゃないでしょうか。 イメージの問題。 個人的には好きです。 なんかこう、 花形装飾活字で組むというよりかは、 その1つの部品として組まれている場所があるという感じでしょうか。 大きくも出来るし、こじんまりも出来る。 制限するならこれがいいと思います。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/