花形装飾活字を愛でる その57


ずらしましょう。 行儀よく正しく並べるのが正当ですが、 少し発想を変えて、 同じ版でも少しのズレを与えて配置する事で、 違ったイメージと変化を得る事が出来ます。 複数の版とパズルのように組み合わせる事も出来、 汎用的であるとも言えます。 注意点としては、 ずらすという事は整理性を欠くという事でもありますので、 この手法を利用する場合には、 予めの前準備をキチンと行う事が大切です。 乱用しすぎると崩れすぎますし、 少なすぎても違和感のみが先行するでしょう。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/