花形装飾活字を愛でる その66


パターンC。 いろいろ工夫を教えてくれるパターンです。 枠をメインに置くもよし飾るをメインに置くもよし、 工夫次第でどうにかなっちゃうパターンやと思います。 大きい版が無いのも特徴です。 大きい版が無いので、 小さい紙面向きでもありますし、 逆に大きい紙面の場合には多くの版を埋める事が出来、 版そのもののイメージよりも、 組んだときのイメージが先行します。 複数の紙面で構成する場合には、 例えばAとCの2つを使ってみたり、 Cに対して何か別の版を加えたりしてみるのもいいかもしれません。 パターンに対しても、 ルールを与える事で複数の紙面がある場合の工夫にもなります。 と、 これについては後々に別にまた深く書きたいと思います。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/