花形装飾活字を愛でる その77

単に花形装飾なら活字である必要がない訳で。 ある一定量の同一の物質を作成する前提で計画されたもの。 情報、インク、紙、目的、要素……そして印刷という概念。 技術としての活字という仕組み。 そう活字だった。 写本なんて手間のかかる作業なんてやってらんないし、 美しさと伝達性で圧倒的な正確性を得た。 で、現在の単純化された印刷システム。 もうこれは繰り返しですね。 ここ1ヶ月は同じ事しか書いてない気がする。 伝えたい事の全てはここに凝縮していてシーンな訳です。 花形装飾活字という出来事はいったいなんだったのか。 一言で言うと創意工夫の賜物なのでしょう。 細かいのは抜きで、 花形装飾活字の時点で活字による印刷は極まったのだと思います。 既に新しい技術と平行にあったであろう状況の中で、 ある程度「新しい技術」よりも確定的な技術として、 多くの印刷を実現していた事でしょう。 現在の日本でさえ、 小さい印刷屋さんは主流の印刷術として、 木版を活用した活版を利用しています。 「印刷」はたまた「いんさつ」とでも書きましょうか。 そして、 これらにはグラフィックデザイナーは関与していないという事です。 グラフィックデザイナーが関与しなくとも印刷は可能なのです。 印刷にとっての大きな失敗はグラフィックデザイナーの登場であったと考えています。 グラフィックデザインの台頭で印刷は衰退しました。 グラフックデザインと印刷。 あたかもグラフィックデザインが印刷のようなイメージです。 出来上がったものを刷るというのは、 なんて贅沢な事なのでしょう。 だって、 出来上がってもいないのに、 出来上がっているというイメージ。 完成という着地点が印刷じゃないところにあって、 前回の話でも、 次の天王寺という構想があっての街という考え方。 たまたま其処にあった天王寺という在り方。 これは趣向の問題なのかもしんないが、 それをデザインするという事。 シーンであるという事。 次こそやっと花形装飾活字が出てきます。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/