花形装飾活字を愛でる その90


「工夫した対称法」というか、 使っている方でマンネリ化してる方は多分ボチボチいるような気がします。 そういう方必見の方法です。 どうしても最初はオブジェクトの複雑な美しさに目が行き過ぎて、 それをそのままドーンてな具合使ってしまいがちです。 それやとヴィネットと変わらず、 花形装飾活字の本領とは言えないのです。 いえいえもちろんそのままでも十分なんですが、 それをちょっとだけテクニシャンな技がこれです。 マンネリ化するくらいに使われた方は、 違う形でもある一定の線の流れがある事に気付いている事と思います。 つまりそれらを対称的に組み合わせる方法です。 そうする事によって、 きっと今でにないオブジェクトそのものの美しさに、 組み合わした時の美しさもプラスされ、 より一層良くなるかと思います。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/