花形装飾活字を愛でる その95


日本語はやっぱりカッコイイ。 漢字は中国のもんだけど、 それをアレンジして仮名やら意味を変えて遊んだ感が素晴らしいです。 うーん、花形装飾活字と日本語ってどうなんだろうってずっと考えています。 どうにもやっぱり同じように使う訳にはいかなくって、 今日の画像も凄く時間がかかりました。 いいんだけどね同じように使っても。 なんか日本語の持つ魅力みたいなのが押さえつけられた感じがして、 趣向の問題ですがイヤだという感想です。 個人的には英語より漢語より日本語が一番、字としての質は高いと思います。 何故なら遊んでいるからです。 遊びで発展したからです。 その楽しんで遊んだ感じが伝わってくるからです。 利便性や歴史的背景で言えば劣ります。 遊びすぎて其処をどうにも考えていなかったのかなあ。 デザインする時。 日本語は英語よりカッコイイと思います。 カッコよすぎて誰もウマク使えてないように思います。 デザインを始めた頃、 圧倒的に英語の方が好きでした。 すぐにカッコヨク作れたし、 ポスターとかも使ってる事が多かったから、 すぐにイメージが作れたんですよね。 日本語はそうじゃなかった。 英語と同じように考えたら絶対に無理だったのです。 とかのいろいろあっての話はいいとして、 日本語は日本語の時点で、 形式とかじゃなくって、 それを伝える言葉によって、 その世界が変わるので一定のイメージで構築は、 英語の場合と違って難しいと思いました。 (日本語は1文字ずつで意味があって、英語は塊で意味があるみたいな) だからかな、 日本の花形装飾活字は、 装飾として扱われる場合が多いのではないかなあ。 とまあ、 それでもこれについては、 使い方次第で使えると思いました。 ただ、 形式的な感じでやると明治維新的なノスタルジーになるので、 そういう趣向やったらありなんですけど、 現代のデザインにはやや抵抗はあるのかなあ、 どうなんだろうかなあ。 あ、そうか印刷という視点では全然使えると思いますが もしデザイン、タイポグラフィとか意識し始めると、 形式的には難しいように感じました。 情報の量を紙面の中で制限したり、 花形装飾活字ように空けてやればなかなかな感じやったんですが、 それやとやはり装飾になってしまい、 本来の目的が達成されないようです。 まだまだやり方はあると思いますが、 四隅で囲むのではなくて、 一角だけとか2隅に渡ってとか、 控えめな感じでいけばいいかと。 やはり英語をイメージとしてフォローする側面を持つ花形装飾活字の中で、 イメージとしての役割が強い日本語との関係がウマクいかないみたいです。 1つ。 希望的なものを言えば、 その形式です。 形式を意識した時にどうしてもやっぱり表彰状のようになるので、 「添える」という意識で、 対価として同じくらい強いものにするんでなくて、 そのバランスを情報に委ねるのか、 花形装飾活字に委ねるのかを一旦決めてから、 組み始めると、 いい具合にいくように思います。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/