花形装飾活字を愛でる その119



集合体としてのイメージについてです。 つまり個々の造形ではなくって、 活字として組んだ時のイメージ構築の拠所についてです。 復習として、 過去の西洋のものは、 「飾る」という要素と「組む」という要素の2つを両立する為に、 直線と曲線の部位をある一定の計算の元(例えば片方ずつ)で、 罫線として役割と装飾としての役割を1つの図案に設けるというものでした。 その結果、 個々の図案に役割を与えつつ、 上記のルールを守る事で、 組んだ時の統一性と整理性、 そしてなによりもの美しさのイメージを構築する事が出来ました。 それは英字との関連性を重視し、 情報の端末として、 なおかつ活版という技術においては、 最高の装飾術までに高めました。 もちろんそれは、 英文字においての長所であり欠点でもある、 文字そのものの無装飾性と、 それが故の情報の階層化と区別化の下手さをフォローしたものでした。 では、今回の「水草」では何をすればいいのでしょうか。 日本語書体は、 それそのものが装飾の為、 西洋のような装飾まで高めると、 画一的な紙面になる事は今までも書いてきましたし、 どのように落としこんでも、 組み合わせる事で複雑さを生み、 結局同じ事になるのです。 それよりも大きな問題点があります。 それは縦組みが出来るという事です。 縦組みと横組みを合わせただけで、 既に情報の区別化は文字の大きさが同じでも可能であり、 大きさだけを変化させたとしても、 その階層化は可能となるのです。 縦組みと横組みそのものに合わせる事の出来る、 また、英字にも対応した花形装飾活字、 それは一体いかなるものなのか、 思考は続きます。 ヒントはやはり庭にありました。 散々書いてきましたが、 西洋の庭は囲い、形を定着させる事が基本となります。 これは今までの花形装飾活字にも同じ事が言えます。 ところが日本の庭は囲ってはいないのです。 「飾る」ものではなくクッションのようなもの、 場を支配する空気を柔らかにするもの、 彩るのような主張ではなく、 主役を引き立てる緩和剤のような存在だったのです。 そしてこの場合の主役とは、 ずばり活字の事を言うのではないでしょうか。 実はもう一つ重要な違いがありました。 「イメージの方向」です。 前にイメージの所在と書きましたが、 それとは別に、 圧倒的に日本の庭は「内から外(つまり外から内にイメージの流れがある)」を見るものになっているのです。 逆に外から見ても何も面白くないものなのだと思います。 これは西洋の庭が、 建物を彩る、または庭そのものを楽しむ美意識が「外から内(つまり内から外にイメージの流れがある)」にある事が、 花形装飾活字に多大な影響を与えているのですが まさしく、 文字を飾るのではなく、整理する訳でもない、 脇役としての存在が、 日本語書体に合う花形装飾活字になるのではと考えたわけです。 いよいよ本題に入りそうな予感。 つづく。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/