花形装飾活字を愛でる その125



線路は続くよどこまでも。 動的パターンの基本的な繋ぎ方です。 どこまでも繋がっていきます。 動的パターンの主体は楕円にあらず、 「根」が全てのバランスを左右するので、 その点にだけ気をつけて、 「根」が図案を隔てて一本の線になるように配置すれば、 綺麗にすっきりこのように情報を囲む事が出来ます。 今回はノーマルのサイズで仕込みましたが、 サイズを小さくすれば。 調節しながら情報の周りをくるりと囲む事も出来ます。 また、急に「根」の向きを変える事で、 2つの流れを同じ連結でもたらす事が出来ます。 また外側と内側の要素もあり、 図案毎を見たときに、 楕円部分と「根」とを合わした円になっている内側と中として、 外側を外としています。 これは、 円で囲んだ場合に、 内側となった中が飽和され緩いイメージを持つとともに、 外側が張り詰めたように圧迫されるような緊張的なイメージも持つ事ができるので、 1つの紙面の同じ白であっても、 互い違う空間と認識される事を狙った設計になっています。 また、この効果は囲む事や紙面からの離脱(遮断)をおこなう事で強さが増しますが、 一部の要素として使うことで、 様々な効果を期待する事が出来ます。 これは応用編なのでこれから書いていきます。 線路は続くよどこまでも。 基本的な動的パターンの連結でした。 まだまだ続く。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/