花形装飾活字を愛でる その128



止めグループの基本的な使い方です。 止めグループの「根」の特徴は、 向きによる動きではなく、 重力の方向を示していることです。 下向きに配せばリンゴは下に落ち、 上向きに配せばリンゴは上に落ちるという具合で、 異質空間形成のイメージが、 遮断によるものではなく、 空間そのものの重力変化によってもたらされます。 また、 重力の比重の変化を行う事で、 同じ向きのイメージでも違った階層にイメージを構築する事が出来ます。 動的イメージ時に遮断によって得られた空間変化に、 これを加える事で空間のバリエーションを増やす事が出来ます。 この点において気を付けなくてはいけないのは、 物質化された止めのイメージには流動性がなく、 紙面における白い部分は紙面外にはみ出します。 つまり一定の遮断を行った空間での配置は、 紙面そのものへの窮屈さを生み、 情報に圧迫感を与えるという事です。 なので実際のところ今回の画像のような感じで、 多用するのは避けて、 やはり要所要所での見極めで使った方が良いと思います。 コツとしては、「情報」に対して重力の影響を与える事が出来れば、 その時点で使用を控えバランスを整えましょう。 重要な事は、 動的グループと常に一対で考え、 情報にとっていかにすれば丁度良い重力なのかを意識しながら、 配置すればおのずと量や位置、向きがわかります。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/