花形装飾活字を愛でる その153



腹同士をくっつけます。 コツとしては、根を1つのものとするイメージで、 団子を串刺しにするように配置すると、 版に一体感が生まれ、 違和感無くくっつける事が出来るでしょう。 この手法は、水草における、 直線の維持を目的とした作法の基本になりますので、 覚えておくといいでしょう。 また、動的、止めのグループの違いを意識しながら使用する事で、 より一層深みのある組み合わせが可能になります。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/