花形装飾活字を愛でる その180

ええと、エンスヘデの分に関して配布をとりあえずストップ中です。今回はその事について。まあ、このままでも良かったんだけど、タイミング的にも花形装飾活字を使っての社会実験の次のステップに進みつつあるというのもあって、内蔵していくものと、そうでないものの2つに要素を割って考えようと思いました。いえね、最近、営業職という人種を観察出来る絶好のチャンスを得て、その流れというか成り行きの中での、つまり社会という花形装飾活字の居場所を探せる要を得たような形です。その中で営業職の圧倒的な能力を感じつつも、欠点も見出しつつも、とりあえずは重要なキーワードもあるっちゃあるので、それらを見極めつつ、行動を移していけたらなと思いました。方向転換、というよりかは、これから花形装飾活字は増殖させていく予定なので、そっちの方で、配布の活動を再開させる目処を付けれたらという感じです。しばしお待ちを。エンスヘデくんには別のところで役に立ってもらう事にします。変わらずFUJIに関しては文章のシェアを続ける予定ですので、どうぞよろしくお願いします。花形装飾活字が実は実際のグラフィックデザインの作業で非常に使えるツールであるという事がわかりました。その上で、グラフィックデザインを生産するという視点の元で、次の活動にご期待ください。もちろん前回までにお伝えしておいた、計画を含めまして、近々、詳細の発表と公開を出来たらと考えております。ただ、何を価値とするかという点において、少し軸を変えて考えるだけなので、面白さの部分では相も変わらずな気がします。どうぞよろしく。また、今後、フリーでダウンロード出来るコンテンツの設置も予定しております。この活動はまだまだ終わりませんよ!wお楽しみに。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/