楽しい印刷物理科学実験 パチカ&OKフロート feat. 花形装飾活字



design fengfeeldesign
processor from cosmotech (http://blog.livedoor.jp/cosmotech_no1/ )

パチカ&OKフロートと花形装飾活字の「PRINTERS'FLOWERS OLDTYPE 001」を使用しました。詳しいレポートは激アツにこれから何回かに分けて書いていこうと思いますが、まずはジャブ的にご紹介させていただきます。パチカ&OKフロートは加熱した版を押すと透けるという特徴のある紙です。今回「加熱押し」「加熱浮き出し」「加熱押し(裏から)」「空押し」の4種類を2つの方向性で、思考し構成しました。1つは、重ねず閲覧するタイプ、そしてもう1つは重ねて、全ての重なりの反応を見れるというものです。それぞれの反応がホントに素晴らしく、そして新しい感覚と表現への扉になるように思いました。感想としては、「紙が溶ける」が近いかもしれません。蝋に近いというか、変形ではなく、やはり「溶ける紙」というのが、一番強い印象のように思います。しかも液体になったまま固着するようなそういうイメージを抱いてしまいます。
 

※今回、加工をしていただいたコスモテックさんでも紹介していただいております。作品の詳しい解説はこちらを見ていただくと一目瞭然です。是非ご覧ください!
→(http://blog.livedoor.jp/cosmotech_no1/archives/51727198.html)








 










最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/