楽しい印刷物理科学実験 パチカ&OKフロート feat. 花形装飾活字 OKフロート編





OKフロートは平和紙業から出ている、ポリオレフィンを原料にしている紙です。その紙に熱を加えた版で圧を加えるとフィルム的に圧縮されて透けるという代物です。個人的な感想としては、平和紙業は元々はパッケージ物を基調とした紙のラインナップなので、書く紙、というよりかは、包む紙という方向性のような気がします。つまり、しっかり作られている印象です。ただ、想像なので、その使用に関しては全てではないですが…。印刷加工は、おなじみのコスモテックさんです。コスモテックさんの方で技術的なレポートをブログの方で書いていただけているので、是非に覗いてみてチェックしてみてください。OKフロートへの透過技術による表現は、パチカと比べた場合に、上質な強さと張りの違いが大きな特徴になるなと感じました。その上で優しくもルールを重んじている感じ。紙っぽいのは断然OKフロートだと思います。ディープマットの時もそうだったんですが、平和紙は竹尾に比べて、「紙っぽい」ていうのを大事にしたラインナップなんだろなと感じています。素材に身を任せるというよりかは、概念的な紙を基本にして考えてるんだろうなと。それはこのOKフロートの時も同じであると感じます。いかに紙にするかを、よく考えられた紙という印象。透過した際の効果としては、どちらかというと、生真面目さが目立ち、所謂、透過の効果をワザとらしくも使いたい!という場合には向かないのかなと思いました。ただ、しっかりとした表現をするには、OKフロートでの透過が圧倒的なのかなと、なんというかキチンと効果として美しく表現されて出過ぎない感じを演出するには持って来いだと思います。個人的には細い線もしっかり出ているし、しっかり出ているけれど、潰れる事もなく(ここはコスモテックさんの技術の賜物です!)、そういうのも含めてもパチカと比べるとコントロールしやすいかと。また、上記で書いた通りに「紙っぽい」ので完成がイメージしやすいと思います。あ、これね、という感じで。凄く分かりやすく出来てるのかなあ。紙として在り方を維持しつつ、透過も使える、かな。今回の「PRINTERS'FLOWERS OLDTYPE 001」との相性としては、凄く良かったと思います。線の細さがそのまま良い感にじ出ていたし、花形装飾活字という、ちょっとお固いデザインに凄く沿っていたみたいです。お菓子箱とかで使われているのを見てみたいなあと想像しつつ、以上、OKフロートでした。

 
※今回、加工をしていただいたコスモテックさんでも紹介していただいております。作品の詳しい解説はこちらを見ていただくと一目瞭然です。是非ご覧ください!
→(http://blog.livedoor.jp/cosmotech_no1/archives/51727198.html)
























最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/