花形装飾活字を愛でる その201



ぬおー!めっちゃ久しぶりです。あれれ、前は何時だっけか、「2011.02.02 Wednesday 」。そんなにかー!一応、完結した「花形装飾活字を愛でる」でしたが急に思い立ちまして、というか、なんだかんだ、何がどう気が触れたのか、約2年ぶりくらいの花形装飾活字の新作を作りまして、そのご報告と、どうだ!スゲーだろ!という事で、ここに舞い戻ってきた次第です。実は、今回の新作の後、年内、あと2つ作る予定しておりまして、今年から来年にかけて、この「花形装飾活字を愛でる」プチ復活と、相成った次第でございます。そっちも楽しみにしていただきつつ、今回の新作、その名も「花形装飾活字『浮雲』」!パフパフどんどんどん、パフー、ドン!と、なんでまた、急に、という話しですが、そりゃもう、単純に、花形装飾活字への愛が、枯渇しなかったからです。時間が経って、色々と使い続ける内に、さらに愛が深まったというか、作るだけじゃなく、使う事で、たくさんの気付きが発生しました。それらを、今回、3部作にまとめる事で、プチ復活とした訳なのですね。まあ、突っ込んだ紹介は次回から行うとして、より、使える事を念頭に置いて作りました。今回の制作はその一語に尽きます。もちろん、完成度という名の元では「新•花形装飾活字『水草』」に勝るものは無いのですが、時代性による趣向を今回は多く含んだと思います。50年スパンのものではなく、5年スパンのものにする事で、作られる曲線の軽やかさが、今とマッチするというか、より、直感的に使用出来るものになったと思います。本当に今回のものは簡単に使えるし、とくにグラフィックデザインの知識が無くても下手でも、イラレさえ使えたら、誰でも、「浮雲」スタイルなグラフィックデザインを構築出来るのです。使える花形装飾活字とは、どうぞお楽しみに。ホント久しぶりだなあ。









最新のLOG
Facebook版「花形装飾活字を愛でる」はこちら

http://www.fengfeeldesign.org/